LIFEジャック

美白を目指せ!シミ対策と目立つしみに効いた美容液の口コミ紹介!

[記事公開日]2017/05/31 [最終更新日]2017/04/25
■カテゴリー:美容
■タグ:,

美白を目指している人にとって、乗り越えなければならない季節がもうすぐやってきますね!
暑いと感じる日も増えてきて、焼けないために夏用のSPF値が高い日焼け止めに切り替えているかたもいると思います。
今年はシミを作らない!そのために、日焼け止め以外にも普段のスキンケアに美白用の美容液を取り入れてみてはどうでしょうか?
今ある目立つしみにも効いたという口コミで話題の美容液も紹介!
シミ対策にかかせない商品たちを紹介します!

目次

  1. シミが出来る原因は?消す事は可能?
  2. 美白を目指せる!話題のしみ対策3選
  3. シミを防ぐ美容液を取り入れよう!
  4. 口コミで絶賛!今ある目立つシミに効いた美容液3選

シミが出来る原因は?消す事は可能?

まずはしみがどうして出来てしまうのか。
それを知り、シミ対策方法を考えて美白を目指しましょう!

しみの原因とは?

シミが出来てしまう原因は色々あるそうなんですが、やはり一番は紫外線です!
しみは、「メラノサイト」と呼ばれる細胞が、「メラニン」という物質を形成することにより出来てしまいます。
メラノサイトは、紫外線をあびた肌を守るためにメラニンを形成するため、悪いことをしているわけではありません。
では、紫外線をブロックできればメラニンの形成は防げるのではないか?
そう考えられ、今ある日焼け止めや日焼け対策グッズは生まれたのです!

紫外線にも種類がある?!

紫外線といっても実は種類があるのはご存知でしょうか?
地上に届く紫外線は2種類あり、どちらも肌に影響があるとされています。
日焼け止めのパッケージに「SPF」や「PA」と記載されているのは、そのどちらにどのくらい効果があるのかがわかるために書かれているのです!
では、シミの原因となる2種類の紫外線とはどういうものなのでしょうか。

紫外線A波(UVA)

紫外線A波は、あびてすぐ肌が黒くなるなどの急激な変化はあまりありません。
しかし、紫外線A波は肌の奥深くにまで届いてしまうため、ゆっくりゆっくり肌に影響を与えてきます。
肌の奥まで届いてしまうため、シミはもちろん、しわが出来てしまったり肌の弾力を低下させたりなど、いつの間にか感じる肌の不調の原因ともなるのが紫外線A波なのです。
しかも紫外線A波は紫外線B波の何倍も降っていて、年中ずっと降り注ぐもの。
また窓などのガラスや、雨雲さえ通り抜けやすいものなので、天候や屋内など関係なく対策が必要なものです。

紫外線B波(UVB)

自転車通勤でいつの間にか肌が焼けていた、顔にシミができた…など、メラニンを形成してしまう原因となるのが紫外線B波です。
また、海にいったら肌が赤くなるなど、やけどのようになってしまうのも紫外線B波が原因です。
しかし紫外線A波比べて波長が短いため、雨雲が通り抜けるなどもなく肌の奥には届きません。
そのため、日傘やアームカバーなど直接日光に当たるのを防ぐだけで対策が可能なものです。


(引用:http://jp.rohto.com/learn-more/sun-care/column/uva_uvb/)

シミを消すのは大変!

目に見えるようなシミは、消すのに労力や時間もかかるのでとても大変です。
そのため、重要になるのはシミの予備軍を消していくことです。
肌の奥には、紫外線などで刺激され作られたメラニンが蓄積されています。
そのシミ一歩手前の状態にあるものを消していくことがシミを消すことに繋がります。
それが出来るのが、これ以上肌に刺激を与えないようにする紫外線対策や、メラニンの生成を抑える美白コスメなどです。

美白を目指せる!話題のしみ対策3選

美白を目指すためには紫外線を防ぐことによるシミ対策が絶対!とわかったところで、普段からできる話題のしみ対策方法を紹介しようと思います。

定番!日焼け止めでシミ対策

今は肌を綺麗に見せる日焼け止めや、日焼け止めとわからないほど塗りやすいジェル状の日焼け止めなど、多種多様な日焼け止めが出ています。
せっかく紫外線A波とB波がわかったところなので、日焼け止めの紫外線対策方法をもっと詳しく紹介します!

SPFは紫外線B波から守るもの

日焼け止めによく書かれている「SPF」という文字。
これは、「サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)」の略称です。
日本語で「紫外線防御効果」を意味し、簡単に言うとここの数値が高ければ高いほど紫外線B波を防ぐ効果が高くなります。
ただし、塗り方にムラがあったり、汗で落ちてしまった…なんてことがあると効果は減ってしますので注意してください。
一番いいのはこまめに塗りなおすこと。
今ではウォータープルーフのものもあるので、塗りなおしが難しい時用など、外出先によって日焼け止めを使い分けるのもおすすめです。

PAは紫外線A波から守るもの

そして日焼け止めにもうひとつ表記されているのが「PA」。
これは、「プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)」の略称です。
「PA」は紫外線A波を防ぐ効果を示すもので、表記方法がすこし特殊です。
「PA」の場合、数字ではなく「+」の数が多ければ多いほど紫外線A波を防いでくれます。
さっき紹介した通り「PA」は日中ずっとあるものなので、「+」が多いものをずっと使いたくなるものですが、肌の弱い人にとっては日焼け止め自体が刺激になってしまったりするもの。
なので「SPF」と一緒で外出先によって使いわけたりして、その日に適した数値のものを使うと良いでしょう。


(引用:http://jp.rohto.com/learn-more/sun-care/column/spf_pa/)

シミを作らせない体質に?!サプリ(薬)でしみ対策

今、話題になっているのがサプリメントでシミの対策をする方法。
シミの原因となるメラニンの生成を抑えたり、蓄積されたメラニンを排出し徐々に減らす効果があるものなど色々あります。
ここでは、どんな成分がシミ対策に効くのかを紹介したいと思います。

L-システイン

L-システインは、ビタミンCと協力することによりシミの対策に繋がります。
ビタミンCと一緒に摂ることにより、メラミンの生成を抑えたり、増えたメラミンを無色化してくれます。
また、身体の代謝をスムーズにする効果もあるため、肌の代謝も良くしメラニンの排出を促してくれます。

アスコルビン酸(ビタミンC)

さっき言った通り、L-システインはビタミンCと一緒に摂ることがおすすめされています。
なので、サプリを購入する際は成分にビタミンCが入っているかチェックしてみましょう。
シミに効くとされるサプリでは、ビタミンCは「アスコルビン酸」と表記されているものがほとんどです。
この表記があればわざわざ別にビタミンCを摂る必要はないので、安心してください。

肌が生まれ変わるとされる期間は約一ヶ月とされています。
試す場合は、まず一ヶ月を目処に試してみましょう!

内側から改善!食べ物でシミ対策

サプリメントに抵抗があるかたは、食べ物から対策をしてみるのはどうでしょうか。
食べ物に含まれる効果的な成分と、その成分が含まれた食べ物を紹介します!

ビタミンC

やはりここでも出てくるビタミンC…美白には欠かせないものだとわかりますね。
ビタミンCだけでもメラニンの生成を抑える効果はありますが熱に弱いため、加熱ぜず食べられるものがおすすめです。
食品例は

  • アセロラ(アセロラジュースでも可)
  • みかん
  • レモン

などがあります。

ビタミンA

ビタミンAには「レチノール」という成分が入っており、この成分が肌の代謝を促し肌の生まれ変わりを助けます。
食品例は

  • 乳製品
  • にんじん
  • うなぎ

などがあります。

ビタミンE

ビタミンEはアンチエイジング効果があり、若返りの成分として有名です!
ビタミンAと共に、肌の代謝を促す効果があります。
食品例は

  • アーモンド
  • アボカド
  • 赤ピーマン
  • ゆず

などがあります。

リコピン

あまり知られていませんが、メラニンの生成を抑え日焼けしにくくなる効果もあります。
食品例は

  • トマト(実はミニトマトの方が成分多めです)
  • スイカ
  • ピンクグレープフルーツ

などがあります。

食生活を少し意識するだけで美白に繋がる効果が得られそうですね!

シミを防ぐ美容液を取り入れよう!

化粧品も研究が進んでいて、シミを防ぐ美容液が発売されています。
ここでは、シミ予防に適した人気のある美容液を口コミと共に紹介します!

SK-II ジェノプティクス オーラ エッセンス

(引用:http://www.cosme.net/)

SK-IIの代表成分ピテラを配合しています。他にも美白有効成分「D-メラノ」を配合し、SK-IIオリジナルの複合成分でメラニンの生成を抑えてシミやそばかすを防ぎます。

口コミ

「シミ対策っていつからすればいいのか悩んでいましたが、20代でも表面に出てきてないだけで、肌の奥にはシミの予備軍がある可能性があるので早めの対策をこの美容液でしていきたいと思える美容液でした。」 20代女性
「肌診断で潜在シミも1番少ない状態になってました。高いだけのことはあるなと感じて2本目をリピしてます。」 30代女性

(引用:http://www.cosme.net/)

>SK-II ジェノプティクス オーラ エッセンス公式サイトはこちら!

コーセー 白澄 XX 美白美容液

(引用:http://www.cosme.net/)

メラニンの生成を抑制してシミができるのを防ぐ美容液です。コーセーの美白成分として有名なコウジ酸を配合しています。

口コミ

「夏場に毎年増えたシミのできはじめみたいなのは今年はほとんどできず。なので、予防に役立ったという感じ」 40代女性
「ずっと使っているので、この夏も肌が暗くなったなぁと感じることはほとんどなかったです。」 30代女性

(引用:http://www.cosme.net/)

>コーセー 白澄 XX 美白美容液公式サイトはこちら!

資生堂HAKU メラノフォーカス3D

(引用:http://www.cosme.net/)

メラニンの生成を抑止する美白美容液です。資生堂の美白成分ではトラネキサム酸が有名ですが、メラノフォーカスにももちろん配合されています。

口コミ

「元々目に見えるシミはないのですが、今のところ使い始めてからシミが出てくることもないです。」 30代女性
「以前から愛用していて結構使い続けていたのですが、新たなシミはでにくくなっているように感じます。だから何度もリピートしています。」 30代女性

(引用:http://www.cosme.net/)

>資生堂HAKU メラノフォーカス3D公式サイトはこちら!

シミ予防に適した人気のある美容液3つを紹介しました!
夏が近づく今こそ、シミ予防の対策を始めましょう!

口コミで絶賛!今ある目立つシミに効いた美容液3選

シミを予防する美容液はわかったけど、今あるシミは消せないの?
そんなかたのために、ここでは今あるシミにも効く!美容液3選紹介します!

リソウ リペアジェル

(引用:http://xn--68j3d2fma7z5bb0178fe27ail0b.com/)

医学専門誌にも掲載された美白美容液です。ビタミンをC多く配合し、水すら使用せず100%植物由来の美白成分で出来ていて、シミの改善に期待できます。

口コミ

「今ではこれが無いと落ち着かないほど、信頼しています。朝は化粧水で薄めて、夜はそのまま使っています。ずっと続けた結果、肌がツルツルになって、肝斑とシミが薄くなりました!」 30代女性
「5年以上愛用している母は、シミシワが明らかに薄くなっています!私もにきびが落ち着いて、赤味が取れました^^」 20代女性

(引用:http://xn--68j3d2fma7z5bb0178fe27ail0b.com/)

>リソウ リペアジェル公式サイトはこちら!

プラスピュアVC25(美容液)

(引用:http://xn--68j3d2fma7z5bb0178fe27ail0b.com/)

目立つピンポイントのシミにおすすめ!ビタミンCとハイドロキノン二つの力でシミの改善を目指す、美白に特化した美容液です。

口コミ

「使う前は目元に大きな濃いシミが目立っていましたが、使い始めて一ヶ月程たった頃、だんだん薄くなり、コンシーラーでも隠しきれなかったシミが、今では目立たなくなりました。オススメです!」 女性
「1か月使ってますが、すこしずつシミが薄くなってきている気がします。」 女性

(引用:http://xn--68j3d2fma7z5bb0178fe27ail0b.com/)

>プラスピュアVC25公式サイトはこちら!

アンプルール ラグジュアリーホワイト

(引用:http://xn--68j3d2fma7z5bb0178fe27ail0b.com/)

新安定型ハイドロキノンを配合した美白美容液で、寝ている間にシミをケアしていきます。今あるシミに働きかける作用があるとされる美容液です。

口コミ

「頬のシミを消したくて購入しました。欠けながらだんだん消えていくイメージで、だいぶ範囲が縮みました。」 30代女性
「肌断食をしながら使ったところ、すぐに効果を発揮。3日で小さなシミが分からないほどに。」 20代女性

(引用:http://xn--68j3d2fma7z5bb0178fe27ail0b.com/)

>アンプルール ラグジュアリーホワイト公式サイトはこちら!

以上、出来たシミに効くとされる美容液を紹介しました。
今あるシミも諦めず、対策してみましょう!

まとめ

シミや美白に関することをいろいろ紹介しましたがいかがでしたか?
今年の夏は焼かずに過ごせるように、対策を頑張りましょう!

関連記事

便秘やアトピー、ニキビに効果があると言われているサプリ「乳酸菌革命」。 乳酸菌ってよく聞く成分だからこそ、本当にそんな効果があるのか、ちょっと疑問に思ってしまいま...

目次 頭皮の臭いや加齢臭の原因は? 頭皮の加齢臭を予防・対策するには? ボタニカルシャンプー「ハーブガーデン」は何故頭皮...

目次 乾燥肌改善方法とは? 乾燥肌のためのスキンケア「アヤナス」とは? 乾燥肌にいいクリーム・化粧水「アヤナス」の口コミ ま...

「昔は、どちらかといえばオイリー肌だったのに、30歳を過ぎたら、どんどん潤いが減ってきて……」という方は多いと思います。 もともと若い頃から乾燥肌という方は、さら...

アロマボディオイルとは、アロマオイルの入ったボディケアオイルのことです。コスメブランドによっては「トリートメントオイル」や「ボディケアオイル」「マッサージオイル」と...

手汗でノートがびちょびちょ… スマホが反応しない… 受話器がびしょびしょ… うーん。私って汗っかきだなぁ。 あれ、もしかしてそれ、手のひらの多汗症じゃな...

夏がやってきました!夏は体力も落ちて夏バテが怖い季節でもあります。 最近「酵素」ってよく聞くけれど健康に良いって本当でしょうか? 健康になって更に美容にも良いと...

キュートなランジェリーがお洒落感度の高い女子に人気のピーチジョン。 そのピーチジョンから、なんとヒップケアに特化した、ヒップルン薬用ホワイトクリームが発売され...

暖かくなったり、寒くなったりと、気温の変化が激しい今日この頃。 もう春が近づいてきたんだな、という感じです。 でもまだまだ、肌が乾燥する、春なのに何で…?と...

たった一つのアイテムので2つ以上の役割を果たす2 in one、3 in oneなどが人気を集めています。でも今回ご紹介するのは、2でも3でもなくなんと10...

NEW ENTRY

難消化性デキストリンサプリおすすめ6選!ダイエット効果ある?選び方

クリスマスパーティーや忘年会など、暴飲暴食が多くなりがちな年末年始。 飲み...

朝の活動には人生を豊かにする効果が?女子におすすめの方法3選

仕事、家事、育児。 忙しい毎日を送るオトナ女子の皆さんは、自分の時間をどの...

簡単に腹筋が割れちゃう?30秒でできるテレビで話題の鍛え方も

20代のときは食事制限だけで痩せられたのに、年齢を重ねた今は体重が落ちにくく...

ガレート型カテキンの効果と副作用とは?サプリや伊藤園のおすすめ商品4選!

カテキンと言えば、お茶に含まれる成分である事は有名ですね。 このカテキン、実は...

タバコのタールによる影響は肺だけ?ニコチンも人体には害となる?

タバコの値段はどんどん上がっているものの、なかなか禁煙できない人は多いですよね。...

ページTOPへ