LIFEジャック

ラクトフェリンサプリを比較!含有量や成分の違いとは?おすすめサプリはこれ!

[記事公開日]2017/04/17 [最終更新日]2017/07/05
■カテゴリー:健康
■タグ:, , ,

母乳の中に存在し赤ちゃんを守るというラクトフェリン。そのラクトフェリンが体に良いと評判です。今、たくさんのラクトフェリンサプリが発売されています。含有量や成分の違いなどを調べてみました!

目次

  1. ラクトフェリンってどんな物質?
  2. ラクトフェリンはどんな作用がある?
  3. ラクトフェリンを含む食物を紹介
  4. ラクトフェリンのサプリを紹介!おすすめ5選!
  5. ラクトフェリンサプリの飲みやすさ、価格、ラクトフェリン量などを徹底比較!
  6. サントリーウエルネスラクテクトはどんな商品?
  7. まとめ

ラクトフェリンってどんな物質?

ラクトフェリンが体にいいと注目されていますが、一体どんな物質なのでしょう?詳しく調べてみました。

ラクトフェリンの働き

ラクトフェリンは、タンパク質の一種です。

人間の母乳に多く含まれています。
特に赤ちゃんを出産した直後の乳の分泌物には、より多くラクトフェリンが含まれていることが分かっています。

ラクトフェリンは、人間の体内にある鉄分と結合し、細菌が体内で増殖するのを防ぐ抗菌活性を持つと言われています。
免疫力の低い赤ん坊へ、ラクトフェリンが母乳を介して与えられることによって、生後間もない赤ん坊を守る働きがあるのです。

粉ミルクよりも、母乳で育てるのが理想的だと言われるのはこのラクトフェリンが含まれているからなのです。

レッド・プロテインとも呼ばれている

ラクトフェリンは、レッド・プロテイン、つまり赤色タンパク質とも呼ばれています。
赤色と呼ばれるのは、とりわけ血中の鉄と強く結びつく働きがあり、ラクトフェリンが赤い色をしているからです。

ラクトフェリンはどんな作用がある?

私達大人でも、ラクトフェリンは摂るべき栄養素なのです。
それでは、注目されている3つの項目を見ていきましょう。

腸内環境の改善

ラクトフェリンには、鉄分と結びつく性質があります。

これが腸内環境とどういう関係があるのかというと、腸にある悪玉菌は鉄分を取り込むことで増殖していきます。
ということは、鉄分と先に結びついてくれる栄養素があれば、鉄分は悪玉菌に奪われることはありません。

こうして悪玉菌の増殖を防ぐことで、腸内環境を整えていくのです。
更には、ラクトフェリンは乳酸菌の餌にもなるので、善玉菌を増やします。

悪いものは食い止めて、良いものを増やすことができるのがラクトフェリンです。

免疫力を高める

免疫力の低い赤ちゃんを守る働きがあるとお伝えしましたが、それは大人も同じです。
抗菌作用があり、ウイルスの繁殖を抑えます。

そのため、アトピーやアレルギー、更にはノロウイルスなどにも効果があるといわれている程です。

ピロリ菌などにも抗菌作用を発揮するので、病気の予防にもなるのです。

内臓脂肪を燃焼するサポート

中性脂肪とコレステロールを燃焼する作用があるといわれています。

2ヶ月の間、食生活を変えずにラクトフェリンを300mg摂取し続ける、という実験があります。
30人を対象に実施したところ、平均「ウエストが-3.4センチ」「体重が-2.5kg」という結果がでています。

このことから、燃焼サポートもあることが確認されています!
腸内環境も整い、代謝面でも改善されるので、ダイエットも期待ができますね。

こんな人にラクトフェリンはおすすめ!

  1. 便秘に悩んでいる
  2. 体調を崩しやすい
  3. 生活習慣が気になる

こんな悩みを抱えている人は、ラクトフェリンがぴったりです!
健康もダイエットも「腸」が鍵になるので、なにか身体に不調を感じる方はまず、腸内環境を整えるところから始めましょう。

ラクトフェリンを含む食物を紹介

ラクトフェリンは熱に弱いため、市販のチーズや加熱処理を施した牛乳にはほとんどラクトフェリンが含まれていません。
加熱殺菌しないゴーダチーズやチェダーチーズには、ほんの少しですが、ラクトフェリンが含まれています。

食べ物そのままからだと摂取しにくいラクトフェリンですが、食べ物にラクトフェリンを付加する方法が開発され、スキムミルク、ヨーグルト、粉ミルク、牛乳などに含まれるようになりました。

牛乳など購入する場合、ラクトフェリン入りと書いてあるものを選んでみましょう!

ラクトフェリンと一緒に摂るといい栄養素

先程、ラクトフェリンは熱に弱いとお伝えしましたが、やはり食品で必要摂取量を摂ることは難しいといわれています。

そのため、サプリメントで摂取するのが一番効率よく吸収できるのです。

更に、ラクトフェリンの吸収をより高める栄養素を摂るとよりいいといわれています。
その栄養素というのは「乳酸菌」と「ラクチュロース」です。

先程、「ラクトフェリンは乳酸菌の餌になる」とお伝えしましたが、食べてくれる栄養素がないと話にならないということです。
乳酸菌と一緒に摂ることでラクトフェリンが十分に役目を発揮できるのです。

一方、「ラクチュロース」ってなに?と思いますよね。
このラクチュロースとは、ミルクオリゴ糖の一種です。

オリゴ糖はビフィズス菌などの善玉菌を増やす作用があります。
善玉菌が増えることにより、更に悪玉菌の増殖を抑えることができます。

この乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌を一緒に摂ることで、ラクトフェリンが無駄にならず、最大限に役目を発揮することができるのです。

ラクトフェリンのサプリを紹介!おすすめ5選!

ラクトフェリンは、人や牛の乳のほかに、汗や涙、唾液など人体からの分泌物にも含まれています。が、期待できるほどの量を摂取するのは難しいです。更に言えば、ラクトフェリンは熱や胃酸に大変弱く、腸へと届く前に分解されてしまうことがほとんどです。

取りづらいラクトフェリンですが、サプリメントで簡単に摂取できるそうです。ラクトフェリンのサプリメントを5つご紹介します。

サントリーウエルネス ラクテクト


おなかを整えたい人向けのサプリメントです。一日三粒の摂取を推奨されており、ラクトフェリンの含有量は20mgですが、胃酸に強いラクチュロースの含有がなんと650mgです。他にも、乳酸菌を含んでおり、大腸までしっかりとラクトフェリンを届け、作用を発揮してくれます。また、飲み込みやすいようにタブレットにも気が配られており、その幅は8mm、厚みは5.4mmです。お子さんや高齢の方も安心して飲み込むことができますね。

価格も30日分で4600円と手頃ですし、定期コースで申し込むと10%オフになります。インターネットでも電話でも申し込みが可能なので、比較的断続のしやすいサプリメントと言えそうです。

>>サントリーウエルネスラクテクト公式サイトはこちら!

DHC ラクトフェリン


(引用元:https://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=2407)

比較的安価で、薬局でも手に入れることができるDHCのラクトフェリンサプリメントです。新鮮な牛乳から、DHCの独自の技術でラクトフェリンを抽出しており、一日三粒で300mgの摂取が可能です。また、胃酸に強いラクチュロースという成分が7.5mg含まれています。風味はヨーグルト味で、しかも水なしで飲めるトローチタイプになっています。喉への飲み込みが苦手な人や、錠剤を飲むことに抵抗のある人は口に入れやすいかもしれません。一袋30日分で価格は税込2203円ですので、一度試して見たい人や、お金をあまりかけずに手軽に始めてみたい人向けのサプリメントです。インターネットでも購入が可能です。

LION ナイスリムエッセンス ラクトフェリン


(引用元:https://www.lionshop.jp/lp/LFNSH-005op/?cid=64680)

その名の通り、脂肪の減少と高めのBMIの改善に役立てるのを目的としたサプリメントです。消費者庁での機能性表示食品の届けが認められています。ちなみに機能性表示食品とは、「安全性が確保されており、効果の科学的な根拠も設定されており、また適正な表示が消費者へ情報提供される」ものを指します。
独自に開発したコーティング技術で熱にも胃酸にも強く、噛まずに水で飲み込むだけです。一日三粒で300mgが摂取できます。7日間のトライアルも販売されていますので、どんなものか実際に試してみたいという方に向いています。インターネットや電話での申し込みが可能で、定期購入にすると、10%オフになります。

ホコニコ ラクトフェリン+乳酸菌


(引用元:http://hoconico.com/lf/lp/?ad_code=1401)

健康維持を目的とする人向けのサプリメントです。天然の生乳からの抽出で、より自然に近い形で作られており、子どもから年配の人まで飲むことが出来ます。カプセル状になっていますが、このカプセルは熱に耐性があるので、中身を出したりせず、そのまま水で飲むことが出来ます。摂取量は、一日に2粒で300mgのラクトフェリンを摂取することができます。世界保健機関であるWHOが設定している医薬品等の製造管理及び品質管理に関する基準GMPに基づき、国内工場にて製造されている為、安心と安全が保障されています。

腸内環境へ働きかけ、善玉菌であるビフィズス菌とフェカリス菌、また、北海道のビート、つまり甜菜から作られたオリゴ糖も含まれています。このオリゴ糖がビフィズス菌の餌となって腸内環境を整える手助けをしてくれます。インターネットで購入可能です。初回は特別価格で特別に手に届きやすい価格で販売されており、2回目以降も定期購入すると約42%オフの価格となるそうです。腰を据えて長く続けていきたい人にはお得で、断続しやすいサプリメントかもしれません。

森永乳業 ラクトフェリンプラス


(引用元:https://kenko.morinagamilk.co.jp/cp/tsid11/?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc)

アクティブに動きたい人へ向けたサプリメントです。一日6粒を推奨しており、その摂取量はラクトフェリン600mg、牛乳12リットル分にもなるのだそうです。もちろんラクトフェリンを胃酸から守るラクチュロースの含有量も多く、600mg配合されています。味はヨーグルト味なので、噛んでも舐めても効果は期待でき、粒数が多くてもストレスにならず摂取できそうです。

牛乳といえば、森永乳業という人も多いでしょう。その森永乳業がラクトフェリンに注目しドイツの工場で製造を開始したのが1989年のことです。品質にこだわり続け、その行程には化学物質を一切使用していないのだとか。アメリカの食品添加物への安全基準合格証であるGRASを取得し、また、2003年にはラクトフェリンの製造技術で文部科学大臣賞も受賞しています。ただ、他のサプリメントと比べると価格は高く、一ヶ月で一万円近くになるので、本気で改善したい人向けのサプリメントだと言えそうです。

ラクトフェリンサプリ徹底比較!

では、5つのサプリを紹介しましたが、分かりやすく表にまとめてみました!
比較をして、それぞれの違いを改めてしっかり見ていきましょう。

ラクトフェリン量 ラクチュロース量 乳酸菌配合 初回価格
サントリーウエルネス 20mg 650mg 4,140円
DHC 300mg 7.5mg 2,203円
LIONナイスリムエッセンス 300mg 2,980円
ホコニコ 300mg 1,980円
森永乳業 600mg 600mg 5,980円

こうしてみると、それぞれ成分量も違うことが分かります。
しかし何より大事なのは成分が揃っていることです。

ラクトフェリン、ラクチュロース、乳酸菌が配合されている「サントリーウエルネス」は必要な栄養素がしっかりと配合されています。
そのため、人気の商品となっています。

1日の摂取量は?

実は、明確な規定量は定められてはいません。
そのため、「量」というよりも、いかに分解されずに吸収ができるかがポイントになっています。

飲むタイミングとしてはラクトフェリンは酸に弱いので、食後など胃酸の分泌が活発なときは避けるようにした方がいいといわれています。
その時間以外であれば、いつでも大丈夫です。
より効果を発揮したい!という方なら、胃酸の分泌が少ない寝る前がおすすめです。

更に、ラクトフェリンは熱にも弱いので熱い飲み物で摂取するのはやめましょう。
熱や酸で、摂取したラクトフェリンが無駄にならないようにしましょうね。

副作用の心配はなし

副作用については、多少多めに飲んでも異常はないといわれています。
乳やチーズに含まれているタンパク質ですので、様々な試験の結果を見ても、今のところ重い副作用は報告されていません。

まれに、整腸作用で下痢の症状が出る可能性もありますが、これは改善に向かっているいい傾向です。
下痢になったからといってすぐに辞めず、続けていると徐々に症状は治まってくるので続けていきましょう。
しかし、定められている量も、副作用もないからといって過剰に摂取してもすぐに良くなるということはありません。注意しましょう。

ただ、牛乳アレルギーを持つ人は、重篤でないものの低濃度の抗体が認められているということで注意が必要です。

飲みやすさの違いは?

飲みやすさで言えば、サントリーウエルネスのラクテクトは8ミリと小粒です。また、胃酸に強いラクチュロースが650mgも含まれています。ラクトフェリンは、熱に弱いと先ほど説明させていただきました。いくら、ラクトフェリンの含有量が多くても、体内にきちんと届かなければ意味がありません。

ラクトフェリン量だけでなく、ラクチュロースがどれだけ含まれているかも大きな着目ポイントです。その点、サントリーウエルネスのラクテクトが、他のサプリメントより、群を抜いてラクチュロース量が多いので、体内にラクトフェリンをたくさん届けてくれそうです!

サントリーウエルネスラクテクトはどんな商品?


サントリーウエルネスラクテクトは、サントリーが日本で初めて独自配合に成功したラクトバリア成分が含有されています。ラクトバリア成分とは、「プロテクト乳酸菌」、ビフィズス菌を増やす「ラクチュロース」、粘膜成分「フコダイン」とラクトフェリンを組み合わせたものです。ラクトフェリンについては、前述しましたが、プロテクト乳酸菌、ラクチュロース、そしてフコダインは、どれも普段聞き慣れない単語ですよね。一つずつ簡単に説明をします。

プロテクト乳酸菌

プロテクト乳酸菌は、別名をラクトバチルスS-PT84とも言います。「プロテクト乳酸菌」のプロテクトですが、英語では「保護」や「守る」という意味がありますよね。まさにその名の通りに、プロテクト乳酸菌は、外部の細菌から守ってくれる力があるのでしょう。

ラクチュロース

続いて「ラクチュロース」は、この名前に馴染みはない方でも「ミルクオリゴ糖」ならば、どこかで聞いた覚えがあるかもしれません。ラクチュロースは、オリゴ糖の一種で、特にビフィズス菌の餌となって整える役目を果たしてくれます。ヨーグルトなどの乳製品にもよく含有されている成分です。過剰に取りすぎるとお腹が緩くなることもあるそうですが、適正に摂取すれば問題ありません。用法用量はきちんと守りましょう。

フコダイン

最後に「フコダイン」ですが、これは粘膜成分の一つで、食物で挙げると、例えばコンブやワカメ、モズクなどの海藻類に多く含まれる食物繊維の一つです。様々な効果が期待され、今も日夜研究が進んでいる成分の一つです。

体を引き締めてくれる

プロテクト乳酸菌、ラクチュロース、フコダインともいずれも健康を維持する為には必要な成分!ラクテクトは、上記三つの成分の他に、糖質や脂質、たんぱく質をエネルギー変換する為に必要となるビタミンB1、B2、B6も組み合わせています。

ビタミンB群は、糖質、脂質、たんぱく質をエネルギーに代え、燃やしてくれます!

>>サントリーウエルネスラクテクト公式サイトはこちら!


まとめ


ラクトフェリンの働きについて詳しく知ることができました。注目はやはりサントリーウエルネスラクテクトです。腸内環境もしっかり整えてくれ、免疫も強化。また、飲みやすいのも嬉しいです!サントリーウエルネスラクテクトで健康で活発な毎日を送りたいですね!

関連記事

年齢とともに衰えを感じるのは、体やお肌だけではありません。髪はうるおいが失われてパサパサ、爪はツヤが無くなり割れてしまったりすることも少なくありません。いつまでも若...

最近頑張りすぎてるのかな? 身体が疲れやすいし、ボーっとしちゃう… うーん、どうしたんだろう。これってまさか貧血? 目次 イライラ・め...

久しぶりの実家。いつも明るく私たちを迎えてくれるはずの母の様子がなんだかおかしい。どことなく家の中が雑然としているし、キッチンも料理らしい料理をした様子がない。...

仕事終わり… うわぁー足がパンパン!!!むくんでる…!!! 足むくんでる…早く脱ぎたい— honami (@ggg_47) 2015, 6月 22 ...

有効成分を多く含む食品のことをスーパーフードといいます。最近ではハリウッドセレブたちから火が付いた、スーパーフードが人気を集めることも多いですよね。今回は、...

最近何かと話題になる機会が多い、噂の「水素」。 水素水は良く効きますが、水素の入浴剤って知っていますか? 水素の良さをたっぷりと詰め込んだ商品が、入浴剤「水素の...

健康が気になる人が始めている噂の「ごぼう茶」。え?「ごぼう」って野菜のあの「ごぼう」!?お茶ってどういうこと? この記事では、今話題のごぼう茶についてとことん...

夜眠れない、睡眠が浅くすぐ起きてしまう・・・不眠症は、大変辛い悩みの一つです。 特に更年期になると、特別な理由がないのに眠れなくなってしまうケースが多くありま...

毎日の習慣って本当に大切ですよね。これはダイエットや美容に関しても言えることです。1ヶ月に1度だけのスペシャルケアも悪くはありませんが、それより日々の小さな積み...

健康と美容のために、またダイエットのために定期的な運動を習慣づけたいと考える人はたくさんいます。 普段立ち仕事なら仕事をすればそれなりにカロリー消費するのです...

NEW ENTRY

結膜炎は感染しない?!発症の期間は?予防する方法はあるの?

目の病気の中では、比較的身近で良く聞く「結膜炎」。 実際に結膜炎になる人も多く...

口の端が切れる原因は栄養?治らない時はオロナイン?その対策とは

笑った時、口の端がピキッと切れて鈍痛が走る。 あくびをしてもご飯を食べる時でさ...

肝臓が元気になると痩せる?!食事やサプリで健康にする方法とは

肝臓と言えば、お酒で負担がかかる臓器というイメージが強いのではないでしょうか。 ...

大掃除グッズを100均で買っちゃおう!おすすめランキングベスト5!

これをやらなきゃ気持ちよく年を越せない!そう、それは大掃除です。 見て見ぬ...

転職はサポートが鍵!女性にもおすすめのエージェントは?無料セミナーも

働く環境を変えたい。ステップアップをしたい。今の生活スタイルに合った仕事をし...

ページTOPへ