LIFEジャック

手荒れ対策におすすめのグッズをご紹介!食事や栄養は関係あるの?

[記事公開日]2017/03/14 [最終更新日]2017/02/27
■カテゴリー:美容
■タグ:, ,

特に寒く乾燥する時期には手荒れが気になりますよね。
寒い冬でなくとも、家事や仕事などで一年中手荒れに悩んでいる人も多いのではないでしょうか?
手が荒れていてはせっかくお洒落をしていても台無しですよね。
手は自分でも目に付くところなので、手が荒れていると気分も沈みがちです。
ひどくなると皮膚がひび割れ痛くなってくることもある手荒れ、早めに対策したいものです。
ここでは手荒れの原因と、簡単にできるハンドケアについてご紹介しましょう。

目次

  1. 日常生活の中にある手荒れの原因
  2. 手荒れ対策に重要なことって?
  3. 手荒れ対策のオススメグッズをご紹介
  4. 手荒れを早く治すには食事や栄養にも気をつけよう

日常生活の中にある手荒れの原因


日常生活には、たくさんの手荒れの原因が潜んでいます。
特別手を酷使している自覚はないのに、いつのまにか手がガサガサになっている経験は誰でも一度はあるのではないでしょうか?
手荒れの原因としてまず思い浮かぶのは、食器洗いや洗濯など水を使う家事ですよね。
実はそれ以外にも意外なことが手荒れの原因になっているのです。
具体的に見ていくことにしましょう。

水仕事

手荒れの原因として最もポピュラーなのは、洗濯や食器洗いなどの水仕事ですよね。
洗剤などの刺激が手荒れの原因になっていると考えられがちですが、手に水が付くこと自体が手荒れの原因になっているのです。
水が手につくと、乾く際に皮膚の水分まで奪ってしまいます。
この「乾燥」が手荒れの最も大きな原因となります。
また冷たい水以上に手の乾燥を進めてしまうのが、お湯です。
お湯は水以上に皮膚の水分を奪ってしまうので、油断しないようにしましょう。
また水仕事だけではなく、手洗いやお風呂、洗顔などの場合にも同じく乾燥リスクが伴うのです。

洗剤などの化学薬品

手の皮膚に直接ダメージを与えるのが、洗剤などの化学薬品です。
特に油を分解する効果のある食器洗い洗剤や漂白効果のある洗剤などは刺激が強いので注意が必要です。
洗剤が皮膚につくと、皮膚に必要な油分まで洗い流してしまい一気に乾燥が進みます。
それだけでなく、かぶれなどトラブルの原因になりかねません。
洗剤が皮膚についてしまったら、できるだけ早くきっちりと洗い流しましょう。
特に水が冷たい時期などは、手洗いがおろそかになり皮膚に洗剤成分が残ってしまうことがあるので気を付ける必要があります。
また洗剤だけでなく、シャンプーや洗顔、ハンドソープなどもダメージを受けた状態の皮膚には刺激になることもあるのでしっかり洗い流すようにしましょう。
手荒れが気になる時は、シャンプーやスキンケアなども低刺激のものにチェンジしたいですね。

皮膚への摩擦


紙や段ボールを素手で扱ったり、洗濯物をたくさん畳んだりと日常生活には手に摩擦が起こる機会が多いですよね。
この摩擦も皮膚に刺激となり、手荒れの原因となっているのです。
スマートフォンの操作やパソコンのキーボードなど、特に指先を使う作業も皮膚に摩擦を起こします。
摩擦が起こる作業をする際は、特に注意してハンドケアをするようにしましょう。
乾燥した状態で摩擦が起こると、角質がめくれてくる原因になり手荒れが悪化する恐れがあります。

ゴム手袋

手荒れを防止するためにはめるゴム手袋ですが、ゴム手袋をはめることで手荒れが悪化することもあるのを覚えておきましょう。
その理由は、ゴム自体が刺激になりかぶれを起こすことがあるためです。
直接ゴムがかぶれなくても、ゴム手袋を長時間していると汗をかいてきますよね。
この汗がかぶれを引き起こしたり乾燥を助長する原因となることがあるのです。

手荒れ対策に重要なことって?


手荒れ対策に最も重要なこと、それは栄養補給と保湿です。
では具体的にどのような対策をすれば効果的なのでしょうか?

洗剤にはできるだけ触れないようにする

手荒れ対策の第一歩は、皮膚に刺激となるものを避けることです。
食器洗いや洗濯で直接洗剤に触れる際には、必ずゴム手袋をはめるようにしましょう。
ハンドクリームなどでいくらハンドケアをしていても、一度洗剤が付くだけで手荒れが一気に進んでしまいます。
少しだからとゴム手袋をはめるのを面倒がらず、洗剤を触らないように徹底しましょう。
特に漂白剤などの強い洗剤を使う際には絶対に手に触れないようにしましょう。
漂白剤でキッチンタオルを洗う習慣がある家庭などは、洗剤がタオルに残っていないかも注意が必要です。
また料理の途中に食器洗い洗剤で手を洗うのもNGです。
台所にもハンドソープを準備するようにしましょう。

水に触れたら保湿を欠かさず行う

トイレなどでの手洗いの後を含め、水に触れたら欠かさず保湿をします。
特に冬場、水ではなくお湯で手を洗うと水以上に乾燥が進むので注意が必要です。
手荒れを防ぐにはこの手洗い後のこまめな保湿が最も大切です。
保湿は水に触れる度に行うのが基本です。
高価なハンドクリームを使用する必要はありません。
使うものは、オリーブオイルやホホバオイル、ワセリンなど肌にうるおいを与えよく馴染むものを選べばいいでしょう。

ゴム手袋をする際のひと工夫

せっかくゴム手袋をしても、ゴムにかぶれてしまうこともありますよね。
それだけでなくゴム手袋の中で汗をかいてしまうと、その汗が乾く際にも皮膚が乾燥してしまいます。
特に長時間ゴム手袋をして家事をする際は、先に柔らかい綿の手袋をはめた上からゴム手袋をはめると手荒れを防ぐことができます。
綿の手袋をはめる前にハンドクリームなどを塗っておくと、保湿効果が高まるのでオススメです。

手荒れ対策のオススメグッズをご紹介

特別な道具がなくても、自宅にあるもので手荒れ対策やハンドケアは簡単にできます。
ここでは、そんな手荒れ対策にオススメのケア方法とグッズをご紹介しましょう。

栄養補給と保湿


手荒れ対策に保湿が重要なことは、先ほどお話しましたね。
保湿は可能な限りこまめに行うようにするのが効果的です。
水を使った後や何となく乾燥を感じた際には、すかさず保湿をしましょう。
それとは別に、1日1回はしっかりとケアをするのがオススメです。
手荒れを改善するためには、保湿の前に肌にしっかりと栄養分を補う必要があります。
お顔にするケアと同様に、化粧水、乳液、栄養クリームの順にしっかりと手にも栄養補給をしましょう。
手だけ別にケアする時間がない場合は、お顔のケアをする際に一緒に手もケアするといいですね。
しっかりと栄養を行きわたらせた後は、アロエやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分の含まれているクリームやジェルでさらにしっかり水分補給をします。
その後で、ワセリンやオイルなどで乾燥しないように蓋をしましょう。
こうすることで、手の中にしっかりと水分と栄養を閉じ込めることができるのです。
この際、先にオイルなど肌に蓋をするものを塗ってしまうと、栄養の吸収を妨げてしまうこともあるので塗る順番には注意したいですね。

ハンドケアにオススメのグッズ

ラップパック

特に乾燥や手荒れが気になる指先などは、ハンドケアをした後でパックをしましょう。
ご家庭にあるラップで簡単にケアができるのでぜひ試してみてくださいね。
特に手荒れや乾燥が気になる部分にワセリンなどをしっかり塗ってからラップで巻きます。
ラップで巻いた状態で更に蒸しタオルなどで温めます。
10分程度を目途に行いましょう。
長い時間しすぎると皮膚がふやけてしまう可能性があります。
皮膚がふやけると更に乾燥が進んだり悪影響がある可能性があるので注意が必要です。
パックが終わった後はラップを外す前にクールダウンをすることで乾燥することを防ぐことができます。

綿の手袋

家庭での様々な家事をする際に、綿の手袋をすることで手の摩擦を軽減することができます。
特に本を読んだりパソコンのキーボードを打ったり、手先を使う作業をする時は綿の手袋をはめるようにしましょう。
ただし、寝る時には外すのがいいでしょう。
寝ている時は手から熱を発散すると言われています。
手袋をしたまま寝てしまうと手に汗をかいてしまい、それが乾燥や手荒れ、かぶれの原因となってしまうことがあるので注意しましょう。

軍手

綿の手袋と同じく、手への摩擦を防いでくれます。
いくら摩擦を防ぐためといっても、掃除の時に綿の手袋をするのは気が引けるかもしれません。
そんな時は軍手を活用しましょう。
新聞などの紙を扱う際やちょっとした家事の際にも軍手をすることで手を保護してくれるのです。

手荒れを早く治すには食事や栄養にも気をつけよう


手荒れ対策には、ハンドクリームなどで直接手をケアすることも重要です。
ですが、手荒れを根本的に治すには外から補うだけでは不十分なのです。
手もお顔と同じ皮膚でできているので、食事や栄養から健康な皮膚を手に入れることが重要なのです。
では具体的にどのような点に気を付ければいいのでしょうか?
手荒れにオススメの食べ物をご紹介しましょう。

規則正しい生活が第一

健康な皮膚を手に入れるには、規則正しい生活と健康的な食生活が第一です。
栄養バランスを考えて、3食きちんと摂りましょう。
そして早寝早起きをベースに、規則正しい生活を送りましょう。
規則正しい生活を送ることで、肌のターンオーバーが正常に働くようになります。
新陳代謝がよくなり、新しい肌が生まれるのを促進します。
それにより、健康的な肌を手に入れることができるのです。

ビタミン、たんぱく質を意識的に摂取する

肌にいい栄養素と言えば、ビタミンですよね。
そしてたんぱく質です。
たんぱく質はコラーゲンを生成する際に原料となるものです。
そしてビタミンを摂取することで、肌の中でコラーゲンの生成が促進されます。
これらの美肌にいいとされている栄養素を積極的に取り入れることで、肌だけでなく手荒れまで改善されるのです。
特に手荒れが酷いときは、亜鉛も合わせて摂るようにしましょう。
亜鉛は細胞の再生に必要な栄養素で、皮膚炎を予防する効果も期待できます。
近年、亜鉛不足の人が多いと言われているのできちんと足りているか一度注目したい栄養素ですね。

体を温める食べ物を摂る

ここからは、手荒れ独自の対策です。
手荒れを改善するには、手先までしっかりと血液がめぐる必要があります。
手先は冷えると血液の流れが鈍くなりがちですよね。
そのため、体を温め血行を良くすることで手荒れの改善が期待できます。
体を温める食べ物と言えば、生姜等の薬味があげられます。
温かいドリンクなども、体の中から温めてくれるので効果的です。
体を温める食べ物を摂ると同時に、カフェインなど体を冷やす成分を控えるようにしましょう。
糖分の摂りすぎも冷えの原因となるので注意したいですね。

まとめ

いかがでしたか?
寒い時期や乾燥する時期になると手荒れに悩む人、家事で一年中手荒れに悩んでいる人、仕事で手を酷使している人、手荒れ対策は女性の永遠のテーマかもしれません。
ですが手荒れはちょっとした工夫をしたり一手間をかけることで改善することができるんですね。
手軽にできる対策ばかりなので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

関連記事

綺麗なスタイルを維持したいと考えた時、一番の大敵となるのが脂肪です。 この脂肪、年を重ねれば重ねるほど簡単に付いてしまうのに落とすには非常に大変になってきますよね...

45歳頃からの更年期に入ると、髪に艶が出なくなってしまったりコシが無くなってしまう事が多いです。 パサパサとしてしまう髪はまとまりにくく、なかなか改善が難しいです...

自分では気づきにくい口臭。しかも周囲から指摘されづらい問題でもあるので、ますます不安になりますよね。気になっても恥ずかしくて人に聞くこともできず、ついつい人との...

黒ごまきな粉が体に良いって聞いたことありませんか?有名な女優さんも取り入れているという黒ごまきな粉は、美容や健康への高い効果が期待できるんです。 その効果は女性だ...

目次 頭皮の臭いや加齢臭の原因は? 頭皮の加齢臭を予防・対策するには? ボタニカルシャンプー「ハーブガーデン」は何故頭皮...

今まで元モーニング娘の辻ちゃんと、愛ちゃんがイメージキャラクターとして有名だった脱毛サロン「脱毛ラボ」 3月からは大人気の、ニコルちゃんとセイラちゃんがイメージキ...

今、社会人になってからの大人の習い事が注目を集めています。職場と自宅の往復ばかりで新しい出会いがないと言う方や、趣味がないと言う方には特におすすめです。 そこ...

「何かとためがち」「とにかく毎日スッキリさせたい!」。 スッキリできない日々、なんとかしたいですよね。 スッキリしないと、仕事も家事も育児もなんだか調子が出...

白いご飯にはやはり納豆がピッタリ! そんな納豆に皆さんは何をかけて食べますか? 醤油はもちろん、卵、とろろなど各家庭によって食べ方はそれぞれです。 今回は...

すっぽんと言えば、スタミナ料理として大変有名ですよね。 しかしそれ以外にも、コラーゲンを大変豊富に含んでいるという特徴があるんですよ。 コラーゲンと言えば、美容...

NEW ENTRY

エアコンのトラブルシューティング!水漏れや音は室外機が問題?

暑いこの時期、絶対に欠かせない存在なのがエアコンです。 これが壊れてしまうと、...

更年期とプラセンタの関係とは?4つの効果と効果的な摂取方法!副作用も紹介

女性は誰しも、生理が終わるときがきます。 そのための準備が始まる時期が...

アトピーはシリカ水(ケイ素)で改善するって嘘?本当?その効果と副作用

シリカ水って聞いたことがありますか? 不思議な名前の水で、聞きなれない...

コーヒーといえばコンビニの時代!味や香りを徹底比較!カップの買い方

朝の出勤途中に、家事の合間に、ランチの後に、ドライブに…。 最近は、コンビ...

アイクリームで乾燥防止!小じわやくまにおすすめの人気商品ランキング

多くの女性が化粧水や乳液などを使って、お肌をケアしています。 そう、美しい肌を...

ページTOPへ