LIFEジャック

妊活に葉酸が必要なのはなぜ?食べ物やサプリの効果はあるの?

[記事公開日]2017/02/06 [最終更新日]2017/01/24
■カテゴリー:子育て, 生活
■タグ:, ,

21
最近は高齢出産が珍しいものではなくなってきました。そのため問題となっているのが不妊です。でも、不妊は年齢だけの問題なのかというとそうではなく、最近では若い人でもなかなか妊娠できなくて悩んでいるようです。最近では妊娠するための行為を「妊活する」というほど、妊娠はすんなりいかないものになっています。今回は、どのようにすれば赤ちゃんをさずかれるかいろいろ調べてみました。

目次

  1. 妊活時には何をすればいい?3つのポイントを紹介
  2. 妊活時に食べると効果的な食べ物ってあるの?6つの食べ物を紹介
  3. 妊活に葉酸がいいというのはなぜ?葉酸とはどんな成分?
  4. オーガニックレーベルの葉酸はどんな効果が期待できる?

妊活時には何をすればいい?3つのポイントを紹介

なかなか妊娠できない場合、遺伝や体質も関係していると言われています。最近では体外受精の技術も発達し頼ることもできますが、できるなら自分の力で妊娠したいですよね。妊活時には何をすればいいのか調べてみました。

自分で妊娠できる身体づくり

なかなか妊娠できない人が、自分自身でできることとして次の3つのポイントを挙げてみました。

その1 バランスのとれた栄養のある食事をすること

22
人間の身体は、第一に自分の生命維持の為に栄養を使います。そのため、栄養が偏っていたり、足りなかったりすると、妊娠機能まで栄養が十分に回りません。まずバランスのとれた規則正しい生活をし、さらに、妊娠機能をたかめるための食べ物を多く取り入れることが大切です。

その2 ストレスをためない

ストレスが多いと体は、酸性に傾きがちになります。酸性だと受精卵は、着床できず、妊娠が成立しません。精子は、酸性の環境では生きられないといわれており、酸性の身体=妊娠しにくい身体を自分でつくってしまうことになります。

その3 身体を冷やさない

身体を冷やさないことは妊娠だけでなく、普段の健康を守る為にも大事です。「冷えは万病のもと」とも言わるように、冷えからくるものとして血行不良、新陳代謝の滞り、肌あれ、便秘、免疫力低下などがあります。美容や健康にもよくありません。妊娠力を高めたいなら冷たい飲み物はさけ肌を露出するような服は控えるなどの工夫が必要です。特に身妊娠機能をつかさどる子宮が冷えていると妊娠がしにくくなるといわれています。身体の中から温めるには、やはり適度な運動をして、血液の循環を良くし、新陳代謝を高めることが必要です。代謝を上げる為には、有酸素運動がよいといわれています。有酸素運動には、マウンテンバイク、ジョギングなどがあります。他にも、骨盤のゆがみが全身のゆがみにつながっていて妊娠しにくい身体をつくってしまっている場合があります。身体・骨盤のゆがみなどを感じたらヨガや整体などで、身体のゆがみを整えるのも大切です。

妊活時に食べると効果的な食べ物ってあるの?6つの食べ物を紹介

強い抗酸化作用のあるポリフェノールがよいといわれています。またビタミンE、ミネラル、たんぱく質、イソフラボン(ホルモンバランスの調整)、ビタミンCやビタミンB1(ストレスを軽減する働き)、亜鉛(女性ホルモンを助ける働き)、鉄分や葉酸(貧血などの防止)カルシウム(ホルモンバランスの調整)などもおすすめです。これらの栄養素は、妊娠しやすい身体はもとより私達が健康で過ごせる身体になるには必要不可欠です。妊娠なんかまだ考えていないという女性であっても、バランスのとれた食事を心がけましょう。いざ、妊娠したいとなったとき、体がぼろぼろでは時間がかかってしまいます。

妊活力を上げる6つの食べ物はこちら!

ここからは妊活力を上げてくれる食べ物を具体的に紹介します。

その1 ビタミンEが含まれる食べ物

24
アボカド、アーモンド、かぼちゃ、ニンジンなどの緑黄色野菜、うなぎ

その2 ミネラルやたんぱく質が含まれる食べ物

ざくろ、大豆、マグロ

その3 ビタミンCが含まれる食べ物

ブロッコリー、トマト

その4 亜鉛が含まれる食べ物

レバー、鶏肉、ゴマ

その5 鉄分が含まれる食べ物

レバー類、ひじき

その6 葉酸が含まれる食べ物

26
レバー類、枝豆、モロヘイヤ、アスパラガス

妊活に葉酸がいいというのはなぜ?葉酸とはどんな成分?

6
(引用元:http://yousansapuri-110ban.jp/kouka-kounou.html)

葉酸は妊活だけでなく、妊娠中にも妊婦さんにもすごくよい栄養素として知られています。というのも葉酸は、おなかの赤ちゃんの発育の促進を助ける働きがあるからです。葉酸は、妊活中にも必要ですが、妊娠中のお腹の赤ちゃんの成長にとってもかかせず、さらに生まれた後も授乳中にも必要な成分なのです。つまり、妊活をしてから授乳中までずっと葉酸は、必要となってきます。

葉酸とはどんな成分?

葉酸は、ビタミンB群の一種です。ビタミンには、水溶性と脂溶性がありますが、葉酸は、水溶性ビタミンで、ビタミンB12とともに赤血球をつくる働きをします。そのため別名「造血ビタミン」などと呼ばれたりすることもあります。その他に、新しい細胞や核酸の合成(DNAの生成、修正などの働き)などの約20種類の酵素が働くための重要なサポートの役割を担っています。また、たんぱく質の合成に必要な栄養素でもあり、皮膚や粘膜を健康に保つ働きもあります。さらに貧血や動脈硬化を予防する効果もあるといわれています。最近の研究では、葉酸が、認知症や聴力障害などを予防することや閉経後の乳がん発症率を抑える働きがあることも研究結果からでています。

葉酸は50%が肝臓に蓄積されていますが、その他には、細胞分裂の盛んな場所に点在しています。通常、葉酸は普通の食事では不足することはないそですが、お酒を大量に飲む人やアスピリンや避妊薬などを服用している人は、欠乏しやすくなるといわれています。欠乏すると、口内炎や肌荒れ、ひどいときには、悪性貧血を起こす場合もあるようです。

葉酸がなぜ妊活にいいの?

8
(引用元:http://yousansapuri-110ban.jp/kouka-kounou.html)

細胞の中にある核は、DNAやRNAの遺伝子情報をもっており、その情報通りにたんぱく質など体をつくるように命令をしています。正しい遺伝子情報に基づき、DNAの合成が行われていきます。細胞は、遺伝子情報に基づき、正確にコピーして分裂をくりかえし、新陳代謝が行われ、成長していきます。その際に、その正確に伝える為のサポートをしているのが葉酸です。葉酸が不足していると、正しい遺伝子情報を伝えることができず、「胎児の先天性異常(神経管閉鎖障害)」を発症するリスクが高くなるといわれております。

だから、葉酸は細胞分裂をして成長をする胎児や胎児をお腹の中で育てる妊婦さんにはなくてはならない必須栄養素といわれているのです。日本の厚生労働省では、妊活中の人や妊婦さんは、1日0.4mgの葉酸を摂取することが望ましいといっています。しかし、葉酸は食べ物から取ろうとしても熱に弱いという弱点があります。スムーズに体内に葉酸を取り入れたいなら葉酸入りのサプリメントがおすすめです。オーガニックレーベルの葉酸というサプリメントがあったので調べてみました。

>>「オーガニックレーベルの葉酸」公式サイトはこちら!

オーガニックレーベルの葉酸はどんな効果が期待できる?

1
オーガニックレーベルの葉酸は、葉酸を天然原料としたサプリメントです。サプリメントを製造する工場は、医薬品レベルの環境の工場で、GMP取得もしています。GMPとは、「日本健康・栄養食品協会」が製品の品質と安全性の確保を図るため、厚生労働省のガイドラインに基づいて、独自に設けた規範のものです。オーガニックレーベルの葉酸は、このGMP基準を満たし、さらに国際基準の品質・安全管理の元で製造している会社です。また、第三者機関において商品の残濃検査、放射能検査も行っており、厳しい検査をクリアした環境でつくられています。

オーガニックレーベルの葉酸はどんな製品?

2
オーガニックレーベルの葉酸は南米のアンデス地方原産の穀物「キヌアスプラウド」という天然の原料をつかっています。「キヌアスプラウド」の中には、葉酸とビタミンB群が含まれています。日本では聞きなれない穀物ですが、古くからボリビアでは妊娠中や産後の女性にキヌアを配るという風習があり妊活力を高める穀物として知られていました。また、欧米諸国では健康食品として注目されています。

葉酸だけではないオーガニックレーベルの葉酸!

オーガニックレーベルの葉酸には葉酸だけでなく、天然の原料を使った103種類もの野菜・果物、そして40種類以上の栄養素がふくまれています。サプリメントが入っている容器は、ボトルではなくアルミの袋です。なぜアルミの袋なのかというとオーガニックレーベルではクラフトアルミパッケージというものを採用しており5層構造となっています。クラフトアルミパッケージは、プラスチック製ボトルに比べて、酸素や水蒸気、紫外線を通しにくい構造になっています。そのため、新鮮な状態をキープすることができます。オーガニックレーベルの葉酸は購入した後の品質保持にもこだわっています。

オーガニックレーベルの葉酸で効率的に葉酸摂取

葉酸は光に弱く水溶性ビタミンなので、茹でたりすると栄養素が壊れてしまいます。その為、加熱せず生のまま食べることがすすめられています。また、葉酸を摂取する時は、ビタミンCやビタミンB12などと一緒に摂取すると効率よく体内で利用ができます。妊娠していない状態や妊活に関係ない人であれば、普通の食事で不足することはないといわれている葉酸ですが、妊娠中だと必要量をなかなか効率よくとることが難しいです。そんな時には、オーガニックレーベルの葉酸のサプリメントで、効率よく必要な葉酸と栄養素をとりましょう。ストレスなく妊活や妊娠中を過ごすことができます。

>>「オーガニックレーベルの葉酸」公式サイトはこちら!

まとめ

現代社会ではストレスはつきもの。スムーズな妊娠をするためには妊活をがんばらねばならない女性も多いと思います。しかし、妊活で、冷え切った体で栄養の偏ったものを食べて弱った体を健康的な状態に戻せるという考え方もできます。妊娠、出産、子育てと女性の人生はまだまだ続きます。妊活を1つのターニングポイントと考えて前向きにがんばっていきたいですね!

関連記事

能力開発や集中力アップなど様々な効果が期待されているとして話題のマインドフルネス。GoogleやAppleなどの社員研修公式プログラムに正式採用されている他、関...

季節はあっという間に流れ、残り1ヶ月弱で今年も終わります。 そんな季節のイベントといえば「忘年会」。もしあなたが職場で「忘年会」の幹事に任命されたらきちんと幹事の...

今年ももうすぐ終わりですね。 年賀状・喪中の準備はもうしましたか? 12月15日~25日までに年賀状を出して下さいと郵便局より掲載されています。 そろそろ...

親からよく、「朝はしっかりとご飯を食べなさい!」と言われてきた方は多いのではないでしょうか。 一人暮らしや料理が苦手な方など、最近では朝食を摂らない方も多いという...

気温も徐々に暖かくなってきて春を感じる事が出来るようになってきましたね。 春になると、新しい事を始めたくなりませんか? マラソンや運動・お料理教室・英語スクール...

目次 蚊のかゆみの原因とは? 蚊に刺されたかゆみはお湯で止まる? 蚊に刺されたかゆみへの対策と対処方法 まとめ 7月に...

目次 セーターの毛玉の原因 セーターやニット、コートの毛玉を予防する方法 出来てしまったセーターの毛玉の取り方 まとめ ...

温暖化が進み、猛暑が続くようになった近年の夏ですが、だるかったり食欲が低下したりといった夏バテに悩まされる方も多いのではないでしょうか?今年こそ夏バテを克服したい!...

はじめに 自分で作った野菜を調理して我が家の食卓に… 家庭菜園って憧れる!!今回はマンションでも出来るベランダ菜園のゴーヤについてご紹介していきます。 目...

特に冬の季節になると、乾燥の影響で頭皮のかゆみで悩んでいる方が多くなっているのではないでしょうか。 頭皮のかゆみ・湿疹やフケは頭皮からの危険信号です! 今の...

NEW ENTRY

生コラーゲンとは?ニッピとフェースを比較してみた!効果と口コミを紹介!

SNSでタグ付けされた自分の写真を見てドキッ。あれ?私ってこんな感じだったか...

馬プラセンタサプリの人気3商品を徹底比較!成分量や効果と口コミの評価は?

栄養の宝庫と言われるプラセンタ。 そんなプラセンタの中でも高い人気となっている...

足裏の痛いささくれの原因とは?夏にできるとやばい?おすすめケア

今日も忙しい一日が終わり、やっと就寝タイムがやってきました。電気を消し、布団...

脱毛の種類を徹底比較してみた!レーザーなどのメリットや効果は?

女性の大半が、一度は興味を持つであろう「脱毛」。 しかしお金や時間がかかる事か...

シリカ水とは?効果なし?おすすめ7選の成分を徹底比較してみた!最新ランキング

皆さんはシリカ水をご存じですか? 最近特に芸能人の方や、美容や健康のために飲む...

ページTOPへ