LIFEジャック

冬の寒さ対策は?服装・グッズから家の中での窓・部屋対策まで!

[記事公開日]2017/01/12 [最終更新日]2017/01/04
■カテゴリー:生活
■タグ:,

sa_1

イベント盛りだくさんで楽しみも多いですが、とにかく気温が低くて寒いのが冬!この冬を乗り切るために、試してほしい寒さ対策をまとめました。服装や寒さ対策グッズはもちろん、家の中での窓・部屋でできる対策まで一挙公開します!

目次

  1. 冬の寒さ対策:服装編
  2. 冬の寒さ対策:おすすめグッズ4つ
  3. 冬の寒さ対策:家の部屋・窓編
  4. 冬の寒さ対策:家の部屋・床編
  5. 冬の寒さ対策:起床編

冬の寒さ対策:服装編

冬はクリスマスに大晦日にお正月。年が明けてもバレンタインやイルミネーションなど、楽しいイベントが目白押しです。これらを楽しむために、冬のお出かけやイベント参加時にできる寒さ対策をまとめました。

首と名のつくところを暖める

sa_2

せっかくのイベントだからおしゃれして出かけたいですよね。それなのに寒さ対策を万全にしたら、もこもこに着ぶくれてしまった…なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?着ぶくれ雪だるまファッションにならないように、温めるべきポイントを効率よく温めましょう!冬の寒さ対策をファッションで考えるときに、まず温めてほしいのが首と名のつくところです。

その1. 首を暖める

まず一つ目は首です。首には太い血管が通っています。首を暖めることで温かい血が体中をめぐり、体全体の冷え予防になるんですよ。血管は体中に張り巡らされているので、そこを「温かい液体(血液)」が通るのか、「キンキンに冷えた液体」が通るのかでは、体温に大きな影響を与えます。また、首元を暖めるようなファッション=衣服の中に外気が入り込みにくいファッションなので、そういった点でも寒さ対策になります。

その2. 手首を暖める

手首を見てみてください。他の部分に比べると血管が見えやすいですよね。ということは、皮膚表面近くに血管が通っているということ。これは、血液が冷えやすいということでもあるのです。手袋や衣服の袖を利用して、手首、そしてそのすぐ下に流れる血液が冷えないように心がけましょう。

その3. 足首を暖める

3つ目は足首です。そもそも足首は心臓から遠く離れているため、血流が悪くなりがちです。足の先を氷水に浸けているかのように冷えを感じることも少なくありません。つま先までしっかりと血液を流すためにも、足首を暖めるように心がけましょう。

お腹を暖める

首の次は、お腹を暖めることも重要なポイントです。冬のファッションでお腹を出している人はいないので、これなら着たい服を我慢することなく誰もが実践できるのではないでしょうか?最近は遠赤外線が練り込まれた薄手の腹巻などもありますし、貼るカイロを活用してもいいでしょう。お腹にも太い血管が通っていますし、下半身に近い部分なので、お腹で暖められた血液が足に流れることで足の冷えを防ぐことも可能です。

スカートの場合は太ももにカイロを貼る

ミニスカートが好きな人や、制服がスカートの販売員さんなどにおすすめしたいのが、太ももにカイロを貼ることです。タイトスカートならスカートの裏地に直接貼ってもいいですし、フレアスカートなら4~5分丈のスパッツを着用してその上から貼りましょう。スカートの中に入り込む冷気で太ももが冷えることを防ぎます。

冬の寒さ対策:おすすめグッズ4つ

あると便利な冬の寒さ対策おすすめグッズを4つ紹介します!

スマホ用手袋

寒い冬なのに手袋を着用しない理由の一つに、タッチパネルの操作ができないからというものがあるのではないでしょうか?かと言って、専用のペンを使うのはめんどくさい。結局手袋をはめないという選択になるのです。最近は性能の良いタッチパネル操作可能の手袋が多く発売されています。これを一つ手に入れれば、冬の外出時に手首を暖めることができますよ!

温かいマウスやマウスパッド

デスクワークをしている人や、プライベートでPCを使用している人の悩みの一つに、指先が冷えるというものがあります。冬はどれだけ高速でタイピングして指を動かしてみても、PCを操る手が全く暖まりません。そんな方におすすめなのが、温かくなるマウスやマウスパッドです。これがあれば、マウスを使う手も冷えることがありませんし、画面をじっくり読んでいる時に握り締めて左手を暖めることも可能です。

座布団タイプのホットカーペット

一人暮らしの場合ホットカーペットを購入するのは気がひけますが、座布団サイズのものなら気軽に活用できます。ホットカーペットの上に乗っているのはお尻の部分だけだとしても、温められた血液が体中を駆け巡るので全身が温かく感じます。また、椅子に座る場合は、足元に座布団を敷き、その上にホットカーペットを置いて足の裏を乗せて使ってもOK!少し長めのひざ掛けで、座布団式ホットカーペットを覆うようにすれば足先がぽかぽか温まります。

温感効果があるハンドクリーム

sa_3

ハンドクリームを良く使う人なら、冬は温感クリーム、夏は冷感クリームと使い分けるのも一つの手です。温感作用のあるハンドクリームは、さまざまなメーカーから発売されており、ショウガやトウガラシなどの温感成分を配合しているのでポカポカと温かさを感じられます。塗るだけより、塗った後手袋をすることで、より温感効果がアップします!

冬の寒さ対策:家の部屋・窓編

冬の寒さ対策は外出時だけのものではありません。事実、暖房が完備された外出先よりも、自分の家の方が寒いと感じている人も多いのです。そこで、自宅の部屋や窓にできる寒さ対策をまとめました。

部屋の窓の冷気をシャットダウンする

sa_4

部屋の中に寒さが侵入してくる経路と言えば、やはり窓が一番です。いくら窓をしっかり閉めていても冷気は伝わるもの。そこで、窓の冷気をシャットアウトするようなアイテムを紹介します。

窓用断熱シートを貼る

もっともスタンダードなのが、窓から熱を逃がさない断熱シートを貼ることです。これだけで室内の保温ができますし、暖房効率も良くなるので経済的にも◎。外からの冷気を防ぐ役割もあります。見た目を気にしないのであれば、梱包などに利用するプチプチシートでも効果の大差はありません。もっと見た目を気にしない、夜眠る間だけ…という方は、段ボールを窓に立てかけておくだけでも寒さがずいぶんと違いますよ!より断熱効果を期待するなら、断熱ボードを立てかけておきましょう。

窓用省エネスプレーを活用する

窓用シートを貼ると圧迫感を感じる、室内が薄暗くなるから気が進まないという方におすすめなのが、窓用省エネスプレーです。これなら窓の見た目そのものは変わりません。室内側の窓にスプレーして雑巾などで伸ばすだけで、超透明特殊断熱膜がコーティングされ室内の温度をキープします。これは冬の寒さ対策はもちろん、夏の室温上昇も抑えてくれる優れもの。また、効果の持続は約1カ月間なので、マメではない人や忙しい人にもおすすめです。

カーテンに注目する

たかがカーテンと侮ってはいませんか?窓を覆うものは窓ガラスとカーテンです。このカーテンにも冬の寒さ対策に特化して作られたものがあるので、冬と夏で付け替えてみてはいかがでしょうか?また、今あるカーテンの裏側にプチプチシートを貼ることで断熱効果を高めることができますし、ビニールタイプのカーテンを着けてもいいでしょう。

カーテンのサイズは窓を完全に覆う大きさがおすすめです。また、カーテンを端までしっかり締めるだけで室温は大きく異なります。今使っているカーテンが短かかったり少し小さいのであれば、夜の間だけでも段ボールやボードでカーテンの足りない部分を覆うといいですね。

冬の寒さ対策:家の部屋・床編

sa_5

冷気の侵入経路は窓だけではありません。床から伝わる冷気をシャットアウトできれば、冬の寒さ対策は完璧です!

アルミの断熱シートを活用する

床にはアルミの断熱シートがおすすめです。特にカーペットやホットカーペット、こたつなどを活用している場合、その下に敷けば見えなくなるのでインテリアを崩すこともありません。100均でも販売されているのでリーズナブルに寒さ対策が可能です。床からの冷気を遮ることはもちろん、ホットカーペットやこたつの暖房効率もアップするので経済的です。

段ボールを活用する

寒さの厳しい工場で立ち仕事をする人たちは、足元に不要になった段ボールを敷いてその上に立っているそうです。たかが段ボールですがその効果は偉大で、足元からの冷気をシャットダウン。紙製なので、湿気を吸収してくれるのも嬉しいですね。床に布団を敷いて眠る人にもおすすめです。ある程度の期間がきたら取り換えなければいけませんが、通販の段ボールを活用したり近所のお店でもらったりと、比較的手に入れやすくコスパも良い床の寒さ対策です。

タイルカーペットを活用する

床の寒さ対策には、タイルカーペットの活用もおすすめ。コイル状のものからカラフルなもの、洗濯可能なものや床暖房OKなもの、100均で取り扱っているようなリーズナブルなものまで幅広く展開されています。インテリアに合わせて、また必要なサイズだけを選ぶこともでるのでおすすめです。

冬の寒さ対策:起床編

冬の寒さが一番身に染みるのは、もしすると起床時かもしれません。ただでさえまだ眠っていたいのに、寒い朝布団から出るのは至難の業。一人暮らしの方なら、起床時に合わせて暖房器具のタイマーをセットしておけばいいのですが、一軒家に住んでいる場合、起きた後は部屋から出てしまうことも多く、イチイチ暖房をつけるのは手間だし不経済ですよね。

そんな時におすすめの裏ワザを紹介します。それは、就寝前に翌日着るインナーを枕元に準備しておき、朝布団の中でインナーを着用するという方法です。2度寝する癖がある人なら、一度目の目覚ましで枕元のインナーを布団の中に引っ張りこんで温め、2度目の目覚ましが鳴ったら布団にもぐりこんでインナーを着用。その上から就寝時に来ていたパジャマやルームウエアを着用すれば、布団から出ても寒くありません。また外出前の着替えの際も、既にインナーまで着用した状態なのでわざわざ暖房をつけなければいけないほど寒くはありません。ベッドルームと外出前の準備の場所が異なる方におすすめの冬の寒さ対策です。

冬の寒さ対策を万全にして冬を楽しもう!

sa_6

女性の約8割が冷え性だと言われています。いくら楽しいイベントがあったとしても、体が冷え切っていれば心から楽しむことはできません。それどころか、体調がすぐれない未病の状態を引き起こしてしまうことも考えられます。できる対策はしっかりして、冬を目いっぱい楽しみましょう!

関連記事

今や大多数の子どもが通う習い事ですが、実際にどんな習い事をいつから始めようかと悩むママは多くいます。 子どもの将来を左右するかもしれない習い事。できれば子どもの才...

可愛いペットで大人気のワンちゃん! 犬って、よく舐める行動をしますよね。 その行動には、実は犬の気持ちが込められていたってご存知でしたか? 犬を飼っている...

昔から日本人に愛されている「亀」 小学校や自宅・もしくは野生の亀など案外みる機会があるかもしれませんね! 今回は亀の種類や、人気の秘密を見ていきましょう。 ...

節分は、長い冬が終わりを告げ、春がやってくる季節の節目の日をいいます。季節の変わり目には悪鬼がでてくるといわれていました。災いをもたらす鬼を追いはらうための行事が豆...

ストレスって、知らぬ間に溜まってしまう事ありあますよね。 どんなストレスにも解消法はあるんです! 簡単に出来るおすすめストレス解消法をご紹介します。 ストレス...

いざというときに何もノウハウがわからずに困惑してしまうことの代表とも言える「お葬式」。自分が喪主の立場になったり、段取りをつけるなんて経験はなかなかあるもの...

以前、冷凍弁当で人気のウェルネスダイニングをご紹介しました。 好評価な口コミが多い中、悪い口コミもあるそうでとても気になりました。 実際に、悪い口コミは本当...

今の自分に満足していますか?これと言った不満はないけれど、満足もしていない。もっと生き生きと過ごしたい、自分を変えたいと思う人が増えているようです。もしかすると...

初めに! 皆さんはきれいになりたいですか!? 答えが「はい!」の人はこのまま読み進めてください! いいえ。の人はすみません。 このまま他のページを読んで...

特に冬の季節になると、乾燥の影響で頭皮のかゆみで悩んでいる方が多くなっているのではないでしょうか。 頭皮のかゆみ・湿疹やフケは頭皮からの危険信号です! 今の...

NEW ENTRY

足裏の痛いささくれの原因とは?夏にできるとやばい?おすすめケア

今日も忙しい一日が終わり、やっと就寝タイムがやってきました。電気を消し、布団...

脱毛の種類を徹底比較してみた!レーザーなどのメリットや効果は?

女性の大半が、一度は興味を持つであろう「脱毛」。 しかしお金や時間がかかる事か...

シリカ水とは?効果なし?おすすめ7選の成分を徹底比較してみた!最新ランキング

皆さんはシリカ水をご存じですか? 最近特に芸能人の方や、美容や健康のために飲む...

プラセンタドリンクの選び方4個のポイント|おすすめは?副作用無い?

美容に良いと噂のプラセンタドリンク。手軽に摂れる内側からのスキンケアとして人...

防風通聖散とは?ダイエット効果は本当?副作用ある?おすすめ6商品を比較

なんだか難しい名前の「防風通聖散」。 パッと見では何に良いものなのか、よく分か...

ページTOPへ