LIFEジャック

葉酸を含む食べ物飲み物は?野菜や果物サプリ効果大なのはどれ?

[記事公開日]2016/11/16 [最終更新日]2016/11/14
■カテゴリー:健康
■タグ:

me_2

葉酸は妊婦さんにも欠かせないと言われる栄養素。日ごろから意識して摂ってますか?と言われても…実のところ、葉酸の効果も、どんな食べ物、飲み物に含まれているのかも詳しく知らないという人も多いのではないでしょうか?そこで今回は葉酸のパワーや、多く含まれる食品、効果的に摂取する方法をまとめました!葉酸をあなたの健康づくりに役立ててみませんか?

目次

  1. 葉酸がもつ4つの健康効果
  2. 葉酸を多く含む食べ物
  3. 葉酸を多く含む飲み物
  4. 葉酸を効率よく摂取する方法
  5. もっと効率的に摂取するなら?サプリ「めぐりの葉酸」

葉酸がもつ4つの健康効果

me_1

葉酸を摂ると良いと言われますが、実際には私たちの健康にどのような影響を与えるのでしょうか?

葉酸効果で心疾患を予防!

葉酸が不足すると、血液中にあるアミノ酸の一種であるホモシステインという物質が過剰になります。ホモシステインの血中濃度が高いと、動脈硬化や血栓性病変の確率が上がると言われています。これらは狭心症や心筋梗塞などに代表される心疾患の原因に…。

ホモシステインの血中濃度を下げるためには、葉酸とビタミンB12、ビタミンB6を摂取するといいと言われています。

赤血球を作って悪性貧血予防!

me_3

赤血球が不足すると悪性貧血の症状が現れます。実は悪性貧血とは昔は原因不明の病でした。症状が悪化すると、最悪の場合は死に至ることもあったのです。近年では原因が解明されましたが、その原因が葉酸やビタミンB12の不足だったのです。

葉酸には血液中の赤血球を作る働きがあります。悪性貧血を予防するためにも、日ごろから葉酸の摂取を心がけたいですね。

DNA・細胞の生成に役立つ!

DNAと言えば遺伝子情報を持つ物質のこと。これを元に細胞のコピーが行われて私たちの体は健康を維持しています。このDNAの生成を葉酸はサポートしています。さらに細胞はDNAの情報を元に細胞分化して新しい細胞を作るのですが、過剰な活性酸素などの影響により時々ミスコピーしてしまいます。

このミスコピーを正しい細胞に作り直すためにも葉酸が働いているのです。このとき葉酸が足りないと、ミスコピーされたままの細胞で体が生成されることになります。これが体調不良や病気を引き起こす原因になってしまうのです。

妊婦さんが摂取することで赤ちゃんの健康に役立つ!

me_4

葉酸と言えば妊婦さんは積極的に摂取するようにと言われますが、それは妊娠中に葉酸が不足すると赤ちゃんの健康に悪い影響を与える可能性があるからです。DNAの異常によって発症するといわれるダウン症や、胎児の先天異常の一種である神経管閉鎖障害、ひいてはホモシステインの増加による血行不良が原因で流産する可能性も。

葉酸を積極的に摂取することで、これらの予防に役立つと言われています。また、受精卵の着床、卵子の細胞分裂のサポートもしてくれるんですよ!

妊婦さんが摂取したい葉酸の量

  • 妊娠を望むなら…440μg
  • 妊娠~3カ月…440μg
  • 4カ月~出産…480μg
  • 産後…340μg

葉酸を多く含む食べ物

葉酸が私たちの健康に大きな影響を与えていることがわかりました!ではどんな食べ物、飲み物に多く含まれているのかをチェックしておきましょう!

葉酸を多く含む野菜

me_5

  • 枝豆
  • モロヘイヤ
  • 干ししいたけ
  • 大豆
  • アスパラガス
  • そら豆
  • サニーレタス
  • ブロッコリー
  • オクラ
  • ほうれん草

葉酸を多く含む果物

me_6

  • ライチ
  • いちご
  • アボカド
  • マンゴー
  • さくらんぼ
  • ラズベリー
  • キウイフルーツ
  • オレンジ
  • バナナ

葉酸を多く含むその他の食べ物

me_7

  • 鶏レバー
  • 牛レバー
  • 豚レバー
  • うなぎ
  • 酒粕
  • 卵黄
  • うに
  • 焼きのり
  • わかめ

意識して食べよう!

比較手に手に入りやすいもの、食卓に上りやすいものを中心にまとめてみました。葉酸はほうれん草から発見された栄養素なので、葉酸という名前になったそうです。だから、野菜に多いというイメージがあるかもしれませんが、鶏・牛・豚レバーにも多く含まれるんですよ。レバーが嫌いでないのなら、定期的に食べて葉酸を積極的に摂取したいですね。また、フルーツをスムージーにしてもいいのではないでしょうか?

葉酸を多く含む飲み物

me_8

食べ物もいいけど、葉酸を多く含む飲み物があればもっと手軽に摂取できるのに…という方も多いのではないでしょうか?

葉酸はお茶類に多く含まれる

  • 煎茶(茶葉)
  • 抹茶(粉)
  • 玉露

これらのお茶に多く含まれますが、お茶の葉をムシャムシャ食べる…というわけにはいきませんよね。しかも、妊婦さんの場合、お茶に含まれるカフェインも気になるところです。この他にも、豆乳やココア、ミルミルS(ヤクルト)などにも含まれています。

葉酸を効率よく摂取する方法

me_9

葉酸を摂取するにあたり、気を付けたいことをまとめました。

1日の摂取推奨量は240μg

葉酸の1日の摂取推奨量は240μgです。妊婦さんについては前述の通り。これを見ると妊婦さんは非妊娠時の2倍ほどの量が推奨されていることがわかりますね。

ちなみに1日の上限量は20代女性で900μg、30代女性で1,000μgと言われています。葉酸はビタミンB群に分類される水溶性ビタミンですから、過剰摂取しても尿と一緒に排出されるのであまり心配はありません。

葉酸は水や熱に弱い…

フルーツはそのまま食べたとしても、野菜などの食材は調理することが多いですよね。実は葉酸は熱や水分によって栄養分が減少してしまいます。その量なんと約50%。新鮮な生の状態から約半分まで減ってしまうので。生で食べられるものはそのまま、調理する場合も汁ごと飲めるスープなどがおすすめです。

このことからも、普段の食事からの摂取だけで過剰摂取になる心配はほとんどないと言っていいでしょう。

もっと効率的に摂取するなら?サプリ「めぐりの葉酸」

me_10

葉酸は体にとってとても大切な栄養素だけど、熱や水に弱いのがネックです。葉酸を多く含むレバー類は苦手な人も多く、食品だけで充分に賄うのは少し難しいですよね。忙しい毎日だと食生活も乱れがちだから、厚生労働省もサプリからの葉酸摂取を推奨しているんですよ。そこで、おすすめなのが葉酸サプリ、めぐりの葉酸です!

めぐりの葉酸に配合されている成分

me_11

サプリで最も気になるのが配合成分です。葉酸をはじめ、どんな成分が配合されているのでしょうか?

天然酵母葉酸

me_12

  • 葉酸を酵母で発酵培養さて栄養価の高い原料を配合
  • 吸収率が食事性葉酸の2倍
  • 体内での利用率85%

食事から摂取する葉酸は、代謝過程が多く体内での利用率が下がってしまいがちです。でも、めぐりの葉酸で採用されている天然酵母葉酸なら体内での利用率は85%!食事から摂取する葉酸の2倍と高い数値です。

天然ポリフェノール「グラヴィノール」

me_13

  • 体のリズム改善
  • リフレッシュ効果
  • 美容効果

ポリフェノールと言えば、高い抗酸化作用で有名です。体内で過剰に発生しまった活性酸素を除去し、細胞の老化を抑制します。美容面でもアンチエイジング効果があると言われてるんですよ。

グラヴィノールで、体のリズムを整えてハツラツとした毎日を!美容効果も楽しみですね。

天然ビタミンC「ローズヒップ」

me_14

  • 美容効果
  • 食物繊維、カルシウム、鉄分も補給

ローズヒップと言えばビタミンCの爆弾ともいわれる果実。よくハーブティーやフルーツティーに入っているので、飲んだことがある人もいるかもしれませんね。ビタミンCは、美白効果が有名ですがそれだけではありません。ビタミンEと協力し合い活性酸素を除去したり、コラーゲンの生成にも役立つんですよ。

また、タバコを吸ったりストレスを受けると消費が早くなると言われているから、現代社会を生きる人なら積極的に摂りたいビタミンでもあります。

カルシウム「サンゴカルシウム」

me_15

  • 丈夫な体づくりをサポート
  • ミネラル成分たっぷり

カルシウムが不足すると、骨粗しょう症になるというのは有名な話。でもカルシウムはどんな食品にも含まれる栄養素ではないし、何より吸収率があまり良くない栄養素と言われてるんです。栄養バランスが乱れるととたんに不足しがちな栄養素なので、サプリで定期的に手軽に摂取して丈夫な体作りを目指しましょう!

>>めぐりの葉酸公式サイトはこちら!

めぐりの葉酸の効果とは?口コミ評判!

葉酸を摂取することによる体への嬉しい効果はたくさんありますよね。そこで、実際にめぐりの葉酸を飲んだ人たちが実感した効果を、口コミや評判でチェックしてみましょう!

体が楽になった!イキイキしてきた!

  • 通勤途中で座り込むことがありましたが、通勤がラクになりました!
  • 表情が暗いと言われて気になっていたけど、毎日飲んでいるうちにイキイキしてきました!

忙しい日々を過ごしていると、その日の疲れをその日のうちにリセットするのは難しいことです。めぐりの葉酸なら、葉酸をはじめ体を元気にしてくれる栄養素がたっぷり凝縮されているから、毎日を元気に生き生きと過ごすことができるんです。

葉酸以外の栄養素も魅力!

  • 葉酸の他にも、鉄分・カルシウムなど必要な栄養素が1日に必要な摂取量含まれているのも魅力的です。

栄養素は1日の推奨摂取量が定められていますが、毎日それを計算しながら食事を準備するのはむつかしいもの。基本は食事からの摂取を心がけるとしても、足りない栄養分を補えるサプリがあると安心ですね。

女性特有のリズムが整った!

  • 飲み続けることで、女性特有のリズムの乱れが和らいできました。

女性ホルモンのバランスは乱れやすいものです。めぐりの葉酸は女性のさまざまな悩みを解決するために作られたサプリなんですよ。成分は全て天然素材、他のサプリとは異なる「発酵の力」で、女性特有の悩みを解消、安心して飲めるサプリです。

充実した妊娠期間を過ごせた!

  • 始めての妊娠で葉酸をとるために毎日飲んでます。天然で苦みがなく飲みやすいです。
  • 2人目の妊娠のとき病院で薦められたのがきっかっけで飲み始めましたが、1人目の時より体が楽で便秘にもなりませんでした。

妊娠中は体が敏感になって、体調が変化しやすい時期。めぐりの葉酸で栄養補給をサポートすることで、体調も良く便秘に悩まされることもなく過ごせたのはうれしいですね。また、葉酸を摂るように言われることが多いので、葉酸サプリを飲んでいるということも安心感につながるようです。

>>めぐりの葉酸公式サイトはこちら!

me_16

副作用について

me_17

体のために飲むサプリだからこそ、副作用が心配ですが、めぐりの葉酸は薬ではなくサプリ(酵母含有加工食品)なので、基本的には副作用の心配はありません。ただ、含まれる成分にアレルギーがある場合は注意が必要です。

また、1粒に200μgの葉酸が含まれているので、1日3粒の摂取量を守って飲みましょう。効果を実感したいからと言ってたくさん飲むと過剰摂取になる可能性があります。

葉酸で活き活きとした毎日を!

葉酸の健康効果や、多く含む食べ物・飲み物、効果的な摂取法を紹介しました。こちらで紹介した通り、サプリが最も簡単で最も効率が良く葉酸を摂取できる方法です。葉酸と言えば妊婦さんのイメージがあるかもしれませんが、妊娠中ではなくても私たちの体に欠かせない栄養素です。意識的に摂取して、活き活きとした毎日をすごしましょう!

me_18

関連記事

しじみは、昔から「元気の出ないとき」に食べるとよい、と言われる滋養食として知られていました。 今でも、二日酔いには「しじみの味噌汁」が効くなどと、インスタント食品...

あそこが臭い!でも、人には相談しづらいデリケートゾーンの悩み。 女性でまんこの臭いに悩んでいる方は意外にも多い事をご存知でしょうか。 今大注目されている、あ...

大人ニキビは、10代の頃の様な対策では20代以降の大人ニキビには、逆効果となってしまう事をご存知でしょうか? また、大人ニキビを放置してしまうと、シミの原因ともな...

気温も下がってきて、より冷え性の方はお困りではないでしょうか。 手のツボで簡単に冷え性対策が出来る事を知っていますか? 寒くなる前に、いつてもどもでも出来る...

私達の生活にかかせないPCやスマホ。 便利なのはいいけど、やはり怖いのが「ウイルス」ですよね。 今まではウイルスはPCだけ感染すると思っていましたが、最近ではス...

母乳の中に存在し赤ちゃんを守るというラクトフェリン。そのラクトフェリンが体に良いと評判です。今、たくさんのラクトフェリンサプリが発売されています。含有量や成...

尊敬しているけど、もう会話したくない! 私の上司は、仕事も出来て性格もよくて、仕事の面でもプライベートの面でも本当に尊敬できる人。 見た目も清潔感があって爽...

もろみ酢って知っていますか? 名前は聞いたことがある気がするけど、具体的に普通の「お酢」とどう違うのか、ご存知ない方もいらっしゃると思います この「もろみ酢」…...

ふとした時に突然、のぼせた様な状態になる事はありませんか? 夏でも冬でも関係なく突然起こるそのほてりは、「ホットフラッシュ」と呼ばれる症状かもしれません。 ホッ...

新入社員の皆さんは仕事に慣れてきた頃でしょうか? 四月に入社してバタバタしているうちに大型連休のゴールデンウィーク。 やっと休める…。ここでたくさん休ん...

NEW ENTRY

下っ腹痩せる方法は?短期間で即効ダイエット出来る筋トレや姿勢紹介!

顔や上半身は太っていないのに年と共に下っ腹だけでてきた。 ダイエットをして...

アトピー入浴剤おすすめ5選!赤ちゃんも保湿出来る市販商品は?悪化しない方法

冬は乾燥により症状が悪化し、暑い季節は汗によってかゆみが出るなど、一年中悩ま...

はちみつとプロポリスの効果と違いって?効能は喉だけじゃなかった!

はちみつと言えば、甘くて女性なら誰もが大好きな食べ物ですよね。似ている食べ物に、...

アロマボディオイルの作り方は?人気オーガニックオイル3選をご紹介

アロマボディオイルとは、アロマオイルの入ったボディケアオイルのことです。コスメブ...

オーガニックランチするなら!渋谷・原宿・表参道のおすすめ店7選

女性なら一度ははまってしまう魅力の多いオーガニック食品。爽やかで健康的なイメージ...

ページTOPへ