LIFEジャック

デルモンテ野菜ジュースの効果は?カロリーや栄養素とおすすめレシピ!

[記事公開日]2016/09/09 [最終更新日]2016/09/08
■カテゴリー:美容, 健康, 食事
■タグ:, ,

ar_1
毎日キチンと野菜を摂れていますか?忙しい毎日で外食が続いたり、ついつい好きなメニューに偏ってしまったり。野菜が必要だとはわかっていても、お肉中心になってしまっているかもしれませんね。また、野菜嫌いで食べられないという人もいるかもしれません。
そんな方におすすめしたいのが、世界のデルモンテ野菜ジュースです!

今回は、通販限定のあらごし野菜ジュースについてや、おすすめレシピを紹介します!

目次

  1. 毎日どのくらいの野菜を食べればいいの?
  2. デルモンテ野菜ジュース「あらごし野菜ジュース」とは?
  3. デルモンテ「あらごし野菜と果実ジュース」もある!
  4. デルモンテあらごし野菜ジュースを活用した簡単レシピ3

毎日どのくらいの野菜を食べればいいの?

あなたは毎日充分に野菜を摂取できていますか?そして、あなたのご家族はいかがでしょうか?
朝食はパンとコーヒー、昼食は麺類、夕食はメインにお肉かお魚、付け合わせに野菜が少し…こんな食生活の方も多いのではないでしょうか?

1日の理想的な野菜の摂取量は350g

ar_2

厚生労働省の「生活習慣病予防のための健康情報サイト」によると、1食1皿以上、1日5皿分の野菜を食べましょうと言われています。またその際にはきちんと主菜、副菜、主食を揃えた食事であることが望ましいと言われています。
では実際の私たちの食生活での野菜の摂取量はどのようになっているのでしょうか?

平成24年に厚生労働省が行った、国民健康・栄養調査によると、20代~70代までのいずれの世代でも、平均すると350gに満たず、20代~50代にかけては300gすらも下回っています。
最も活動量が多いと思われる世代が、野菜の栄養不足に陥っているといえるのではないでしょうか?

野菜は健康や美容に欠かせない!

ar_3
改めて言うまでもありませんが、野菜は健康や美容に欠かせない栄養分がぎっしりと詰まっています。
ただ、野菜にもそれぞれの旬の時期があり、旬に食べてこそ充分な栄養分を摂取できるといえるでしょう。

毎日の食生活を見直す、食事のメニューを見直すことはもちろん、忙しい生活の中で、ストレスなく野菜を摂取するためには、手軽で簡単に摂取できる野菜ジュースなどを上手に活用するのも、賢い栄養の摂り方なのかもしれませんね。

デルモンテ野菜ジュース「あらごし野菜ジュース」とは?

ar_4

スーパーに行けば沢山の野菜ジュースが販売されていますが、実は、世界のデルモンテが通販限定の野菜ジュースを発売していることをご存知でしたか?
発売から6年、愛され続けているデルモンテ野菜ジュースあらごし野菜ジュースについてご紹介しますね。

>デルモンテ「あらごし野菜ジュース」公式サイトはこちら

あらごし野菜ジュースの栄養素がスゴイ!

通販限定というだけで、なんだかプレミアムな感じがしますが、実際あらごし野菜ジュースは栄養素がすごいんです!

9種類の野菜を使用!

ar_5
あらごし野菜ジュースは、栄養豊富な9種類の緑黄色野菜をふんだんに使用し、普段の食事だけでは不足しがちな野菜の栄養分をサポートしてくれます。
その量なんと350g!
先ほど紹介した通り、厚生労働省が発表する1日の野菜の理想摂取量は350gなので、あらごし野菜ジュース1本で1日分の野菜が採れるということなんです。食塩・砂糖不使用なので、塩分過多や糖分の過剰摂取が気になる方にもおすすめです。

あらごし野菜ジュースに使用されている緑黄色野菜は、にんじん、トマト、ピーマン、ほうれん草、パセリ、かぼちゃ、ケール、ブロッコリー、小松菜の9種類。
これらの野菜は、価格高騰で沢山食べたくても食べられないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

日々の価格変動に左右されず、安定して野菜を摂れることも野菜ジュースの魅力のひとつなのです。

旬の時期に収穫した野菜を使用!

9種類の野菜をふんだんに使っているだけではなく、その野菜をそれぞれ最適な時期に収穫しているんです。だから栄養も味もgood!
特ににんじんは糖度の高いものだけを厳選して使用、トマトはリコピンの含有量が多いものだけを使用しています。今まで知っている野菜の味より、さらに濃厚な甘みや旨味を感じることができるんですよ。

たっぷりの栄養素で効果抜群!カロリーはたったの73kcal

ar_6
あらごし野菜ジュースの栄養分やその効果、カロリーをチェックしてみましょう。

  • カロリー…73kcal
  • たんぱく質…2.1g
  • 脂質…0
  • 糖質…15.0g
  • 食物繊維2.1g
  • ナトリウム…30~260mg
  • カリウム…680mg
  • ビタミンA…440~1,600μg
  • β-カロテン…4,500~13,800μg
  • しょ糖…4.5g(リコピン13mg)

便秘解消や腸内環境の改善を助ける食物繊維、体内の水分バランスのコントロールにも欠かせないナトリウムにカリウム、目の機能や美肌、粘膜保護にも欠かせないビタミンA、強力な抗酸化作用を持つβ-カロテン、抗酸化作用があり美肌効果も高いリコピンなどが含まれています。

また、こちらに書いただけではなく、野菜に含まれる栄養素には体全体の機能や美容効果を高める働きももちろんあるんですよ。

こだわりのあらごし食感!

商品名にも表れているように、特徴的なのが濃厚なのどごし。舌触りや後味、のどごしなどは、野菜ジュースでありながら、まるで野菜を丸ごと食べているような感覚です。
理想としたのは、家庭で野菜をミキサーにかけたような食感なんですよ。朝食替わりにはもちろん、デザート替わり、お夜食替わり、またダイエット中のおやつ替わりにも活用できる食感なんです。

>>あらごし野菜ジュース公式サイトはこちら!

デルモンテ「あらごし野菜と果実ジュース」もある!

野菜そのものの甘みや旨味を凝縮したあらごし野菜ジュース。その分、野菜の味が強めになっています。野菜が苦手な人でも飲みやすいジュースではあるのですが、根本的に野菜の味が苦手!と感じる方には、フルーツ入りのあらごし野菜と果実ジュースがおすすめです。

あらごし野菜と果実ジュース

ar_7
こちらは9種類の緑黄色野菜を200g分と4種類の果実を100g分使用して作られたジュースです。ちなみに4種類の果物は、りんご、オレンジ、グレープフルーツ、レモン。
食塩・砂糖不使用であることには変わりませんが、果実を入れることでより飲み口を柔らかくし、野菜が苦手なお子さんでもおいしく飲めると好評なんですよ!

栄養素+フルーツも採れてカロリー84kcal

あらごし野菜と果実のジュースの栄養成分とカロリーもチェックしてみましょう。

  • カロリー…84kcal
  • たんぱく質…1.4g
  • 脂質…0g
  • 糖質…18.6g
  • 食物繊維…1.9g
  • ナトリウム…20~140mg
  • カリウム…530mg
  • ビタミンA…320~1,100μg
  • β-カロテン…3,300~9,100μg
  • しょ糖…4.0g(リコピン5mg)

あらごし野菜と果実ジュースは、あらごし野菜ジュースに比べると高カロリーなイメージがあるかもしれませんが、1缶たったの84kcalです。ダイエット中のおやつのカロリーは、1日200kcalが望ましいと言われていますが、これなら安心して栄養補給しながら味わうことができますね!

>>あらごし野菜と果実ジュース公式サイトはこちら!

デルモンテあらごし野菜ジュースを活用した簡単レシピ3

そのまま飲んでももちろん美味しいのですが、野菜の栄養分と旨味がギュッと詰まったデルモンテあらごし野菜ジュースをお料理に活用することもできるんです!簡単なものばかりなので、いつものお料理に加えてアレンジしてみてくださいね!

朝食にも簡単!あらごし野菜スープ

ar_8
夏場であればいつもの朝食に野菜ジュースをプラスするだけでも充分なのですが、秋~冬は朝の気温も下がるので温かい飲み物が恋しくなりますよね。
そこでおすすめなのが、野菜の栄養分と旨味をギュッと閉じ込めた、あらごし野菜スープです。

材料(2人前)

  • あらごし野菜ジュース…1缶
  • 牛乳・豆乳・水…いずれか100~160ml(お好みで)
  • 野菜…たまねぎ、にんじん、ごぼう、じゃがいも、キャベツ、きのこ類など、家にあるものなんでも!
  • ベーコン…適量
  • コンソメ…キューブ1個
  • 塩・胡椒…適量

作り方

  1. 野菜とベーコンは適当な大きさにカットし、オリーブオイルで軽く炒める
  2. 火が通ってきたら、あらごし野菜ジュース、水(牛乳・豆乳の場合は最後に入れる)、コンソメを加え10~15分煮る
  3. 牛乳・豆乳で作る場合は、野菜に完全に火が通った後加え、弱火で5分ほど沸騰させずに温める
  4. 塩・胡椒で味を調えて出来上がり!

野菜ジュース以外の水分は水でもいいですし、牛乳や豆乳にするとよりまろやかな味わいになります。ベーコンを使うことで、良いダシが出てより味わい深くなりますよ。寒い季節の朝食の一品にもおすすめです!

あらごし野菜パスタソース

ar_9
あらごし野菜ジュースは、パスタソースにもなるんです!
パスタって美味しいですけど、野菜が不足しがちですよね。あらごし野菜ジュースを使うことで、栄養満点のパスタソースが出来上がります!

材料(2人前)

  • あらごし野菜ジュース…2缶
  • ツナ缶…1缶。(ベーコン・ソーセージなどの旨味やダシが出る材料なら何でもOK)
  • コーン缶…適量
  • しめじ…適量
  • コンソメ…キューブ1個
  • 塩・胡椒…適量
  • パスタ…160~200g(お好みで)

作り方

  1. パスタを茹で始める。お湯が沸騰したら、パスタの鍋にしめじを入れて一緒にサッと茹でる
  2. フライパンに、あらごし野菜ジュース、オイルを軽く切ったツナ缶、コンソメを入れ中火にかけ、塩・胡椒で味を調える
  3. ソースが煮詰まってきたら弱火にし、しめじを加える
  4. 茹で上がったパスタとコーンを加えソースを絡めて出来上がり!

子供にも大人気のパスタ!ツナとコーンが好きなお子さんも多いので、野菜の栄養分がたっぷり詰まったこのパスタはおすすめです!

野菜の栄養分たっぷりカレー!

ar_10
こちらはいつものカレーにあらごし野菜ジュースを加えるだけ!いつもよりも、野菜の味が濃いカレーになりますよ!

材料

  • あらごし野菜ジュース…2缶(作る量によって調節)
  • いつものカレーの材料

作り方

  1. いつものカレーを作るときに、水の量を減らし、その分あらごし野菜ジュースを加えるだけでOK!

作り方も材料もほぼ変わらないので、本当に簡単に作ることができます。
野菜たっぷりカレーに、より一層野菜の栄養分と旨味凝縮されて、栄養たっぷりの美味しいカレーの出来上がりです!

さいごに

1日に必要な野菜の栄養分がサッと摂れる、デルモンテの通販限定あらごし野菜ジュースを紹介いたしました。
夏の食欲のない時にもおすすめですし、冬、寒くて生野菜を食べる機会が減る時にもおすすめです。お弁当にプラスしてもいいですね。野菜は美容と健康に欠かせないもの。美味しく手軽に家族全員の野菜摂取量を手助けしてくれる野菜ジュースを、食生活のサポートに取り入れてみませんか?

>>デルモンテ「あらごし野菜ジュース」、「あらごし野菜と果実ジュース」公式サイトはこちら!
ar_11

関連記事

目次 インフルエンザの主な症状 インフルエンザ対策、何すれば良い? まとめ 冬はインフルエンザが流行する季節ですね...

日本に痛風・痛風予備軍の患者数が600万人以上いると言われているのをご存知でしょうか。 痛風は、脳卒中・心筋梗塞・腎障害・狭心症・尿路結石などの命にかかわる病...

敏感肌の人や天然コスメを愛用している人に人気の「クレイ」。このクレイは、様々な方法で美容に取り入れることができるのですが、中でもクレイ洗顔は、クレイの持つ効果から、...

季節も間もなく夏ですね! 今年こそは花火大会で憧れの彼と浴衣デートしたい!! 可愛い浴衣&メイクも、髪型もオッケー!! あ、あと1つ!「香り」って結構重要なん...

最近では、ダイエットの定番方法となった、骨盤ダイエット。 本やテレビなどでも紹介され、ブームにもなりましたね。 痩せやすい身体作りをすることが出来る骨盤ダイエッ...

健康を保つためには、免疫力を高めることが大切。例えば仲間に風邪をひいている人がいて、風邪がうつる人うつらない人では免疫力が違っていると思いませんか? 毎日を生...

たった一つのアイテムので2つ以上の役割を果たす2 in one、3 in oneなどが人気を集めています。でも今回ご紹介するのは、2でも3でもなくなんと10...

ミネラルの一種の「亜鉛」、サプリなどでも聞いたことありますよね。 でも、からだにどのように役立っているのか、よくわからない方多いと思います。 この「亜鉛」、不足...

尊敬しているけど、もう会話したくない! 私の上司は、仕事も出来て性格もよくて、仕事の面でもプライベートの面でも本当に尊敬できる人。 見た目も清潔感があって爽...

冬は乾燥により症状が悪化し、暑い季節は汗によってかゆみが出るなど、一年中悩まされるアトピー。アトピーの症状で苦しむ子どもを見ていると、親としてなんとかしてあげた...

NEW ENTRY

難消化性デキストリンは便秘に効果あり!?飲み方と摂取量に注意!おすすめ商品も紹介

多くの人が悩む便秘。 様々な便秘対策を試しているけど、なかなか効果が出ないとい...

お酒の飲み過ぎ対処方法3選!吐き気や肝臓に効くドリンクやサプリは?

お酒と共に楽しい夜を過ごした後、朝を迎えたら酷い二日酔い! そんな経験は、誰に...

健康茶はサントリーウエルネスのお茶が人気?その理由は?おすすめ2選!

日本茶から中国茶、その他さまざまな国で飲まれているお茶の中には、「健康茶...

不整脈と動悸の違いは?めまいや頭痛には薬が良い?対処法まとめ

比較的身近に聞く、「不整脈」や「動悸」。 これらは、ただ単に鼓動が早くなるとい...

ダイエットにはしらたき!ご飯やパスタを主食に変えて効果を実感

これからの季節、露出の多い服装になることはもちろん、海やプールで肌を晒す機会...

ページTOPへ