LIFEジャック

フケの予防方法は?フケの原因は頭皮の乾燥?かゆみが止まらない方へ

[記事公開日]2016/08/17 [最終更新日]2016/08/01
■カテゴリー:美容, 健康
■タグ:

頭皮のトラブル、抱えている方、けっこういらっしゃるのでは?フケ、臭い、かゆみ。
特にフケが肩に落ちていた、頭が臭う、なんてまわりの人に気づかれたらちょっと恥ずかしい、と思ってしまいますよね。
気づいた人からすると、好感度下がったかもと感じる人、多いのです。
けっして不潔にしているわけではないのに・・・
なんとか治したいフケなどの頭皮トラブル、原因や予防方法をみていきましょう。

目次

  1. よく見られる頭皮トラブルは?
  2. フケが出る原因は?
  3. フケ予防、対策方法は?
  4. おすすめ商品クリアハーブミストの紹介

よく見られる頭皮トラブルは?

頭は顔と同様、人から見られているのでは?あるいは自分自身でも気になる部分ですね。
頭皮のトラブルに悩む人も多いのではないでしょうか?
90c8342cd5afda28a3a55c1f94d1ab54_s

フケ

頭皮は日々、新陳代謝を繰り返しています。 フケは、古くなった頭皮の角質がはがれたものです。
健康な頭皮は、古くなった細胞がごく小さな垢となってはがれ落ちますが、何らかの原因でこの新陳代謝のリズムが崩れると、まだ古くなっていない細胞が塊ではがれ落ちてしまいます。これを「フケ」といいます。
フケには大きく分けて2種類があります。

脂性のフケ

頭皮の皮脂の過剰分泌で起こります。頭皮はからだの中で最も皮脂の分泌の多いところといわれています。汗もかきやすいため、頭皮は汚れやすく毛穴も詰まってしまいます。頭皮の細菌が繁殖し、新陳代謝のリズムが崩れるため、フケが出やすくなると考えられます。

乾性のフケ

頭皮が乾燥し過ぎることにより出るフケです。黒っぽい洋服を着ていると肩に白く積もったフケ、気になりますね。
健康な頭皮の細胞は、新陳代謝が正常に行われるため、古くなった角質層が目立たたない形ではがれていきます。フケ、という形ではわかりにくいものです。
頭皮が乾燥すると、新陳代謝のサイクルが乱れて目に見える塊のままフケとなってはがれて落ちます。

かゆみ

頭皮は髪の毛で覆われているため、直接目につく部分ではないため見落とされがちですが、他人にはわからなくても、我慢できないかゆみ、つらいものですよね。

乾燥

お肌が乾燥するとかゆみが生じるように、頭皮も乾燥により外からの刺激に弱くなり、かゆみがでることがあります。
髪の洗いすぎや間違った洗い方で、必要な頭皮の皮脂までとってしまうことに原因があるようです。

皮膚炎・湿疹

皮脂の分泌の多いところに起こりやすい脂漏性皮膚炎、また乾燥肌やアトピーの方に見られる、乾燥する季節にシャンプーなどの成分の刺激でかゆみが生じる乾燥性の皮膚炎などがあります。
皮膚炎の症状が続くときなどは、自分で対処せず皮膚科を受診した方がよい場合もあります。

臭い

ヒトの皮脂や汗はもともとは臭いはないのですが、臭いのもとになる物質から雑菌が増殖したり酸化したりすると、臭いが発生してしまいます。
頭皮は皮脂の分泌がとても多く汗もかきやすい部分なので、正しい髪の洗い方ができていないと、菌が繁殖して臭ってしますのです。

フケが出る原因は?

シャンプー

脂性フケの場合

脂性フケは、頭皮の皮脂の分泌が多すぎることによって起こります。原因は大きく2つ。

洗髪に問題

髪を洗う頻度が少なかったり、洗い方が悪かったりで頭皮が清潔に保たれていないと、皮脂や汚れが残ってフケが出る原因になります。

食生活

脂質の多い食品、ナッツ類、香辛料などは皮脂の分泌を促進させるので、フケが出やすくなります。

乾性フケの場合

髪の洗いすぎ

乾性フケの場合は、髪の毛の洗いすぎによるものも多いようです。
フケ対策のために、ついつい念入りに洗って皮脂を落としすぎてしまったり、頭皮にダメージを与えたりすることが、かえって頭皮の乾燥を引き起こし、フケの原因となります。

シャンプーの洗浄成分

シャンプーの洗浄成分が頭皮にダメージを与えたり、必要な皮脂まで取ってしまい、頭皮を守ろうと皮脂の分泌を促進させてしまいます。

紫外線や乾燥の影響

紫外線

頭皮は顔の皮膚とつながったお肌です。紫外線に当たると、頭皮は乾燥してフケ、かゆみなどのトラブルが発生します。
また、紫外線を繰り返し浴びていると、頭皮がだんだん硬くなり、皮膚の老化も起こります。髪を育てる土壌の頭皮が老化するということは、髪の成長にも大きな影響がありますね。

乾燥

空気が乾燥しやすい冬場、またエアコンを使うことでのお部屋の空気の乾燥などはお肌だけでなく、頭皮の乾燥も招きます。
頭皮が乾燥すると皮膚のバリア機能が低下し、フケの原因となります。

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンは30才をすぎる頃から減少傾向に。女性ホルモンは皮脂を抑える働きをしています。
加齢、妊娠・出産、ストレスなどさまざまな原因でホルモンバランスが乱れると、皮脂の分泌に影響し、フケの発生につながります。

加齢が皮脂分泌に影響

女性の場合、40才を過ぎると、一般的には頭皮の皮脂量が減少します。すると、頭皮が乾燥しがちに。年を重ねてくると、皮脂の分泌を正常に保つことがなかなか難しくなってきます。ふけの原因も皮脂量の多い、少ないとさまざまになります。

フケ予防、対策方法は?

夏の背景

正しい髪の洗い方とシャンプー選び

シャンプー剤は適量で

シャンプーをたくさん使って泡立ちが良くなればなるほど、汚れが落ちるような気がしますよね。
でも、市販のシャンプーは強い洗浄力があります。
これは、界面活性剤が入っているためですが、多くつけすぎてシャンプー後に髪や頭皮に残ってしまったら、かえってトラブルのもと、フケが発生してしまいます。
適量で充分な洗浄効果があります。

自分に合ったシャンプー剤

シャンプーをを選ぶ時のポイントですが、洗浄成分の界面活性剤の種類によって、自分の肌質に合ったものを選ぶことです。合わないものを使い続けると、かえって逆効果に。フケの原因となってしまいます。

  • 石けん系のものは、洗浄力がとても高く、皮脂を取りすぎてしまうこともあります。環境に優しく、安定した人気があります。
  • 高級アルコール系のものは、市販されている商品のなかで最も多いといわれていて、お値段が安価でお求めやすいです。泡立ちがよいですが洗浄力が強いので、皮脂の多い若い世代の方に向いています。
  • アミノ酸系・ベタイン系のものは、低刺激で頭皮に優しい界面活性剤を使っています。アミノ酸を使用しているため、高級アルコール系に比べてお値段はやや高価ですが、刺激が少ないため、乾燥肌、敏感肌の方に適しています。

頭皮の汚れをしっかり落とす

頭皮をマッサージするような感覚で、優しく汚れを落としましょう。
爪をたててゴシゴシと洗うと、かゆみも取れてすっきりするような気がしますが、頭皮を傷つけてしまうので、これは決してしてはいけません。

熱いお湯はNG!

熱いお湯は、必要な皮脂まで落としてしまいます。38℃くらいのぬるま湯で洗うのがベスト。
乾燥させないことは、フケ予防にとても大切な点です。

頭皮マッサージ

血流が滞ると頭皮の筋肉がこわばって、さらに血行不良に陥ってしまいます。
気温が低下する冬の季節、また、女性の更年期時には自律神経の働きが鈍ることなど、これらは血行不良になる要因。
念入りに頭皮をマッサージして血流をよくすることをおすすめします。
側頭部、前頭部、後頭部、それぞれの頭皮をもみほぐし、ゆるめるような感覚で、指の腹で押し上げるようにマッサージしてください。
血行がよくなると、頭皮に充分な栄養が届き、健康でフケの出にくい状態へと導いてくれます。

紫外線カット

紫外線が頭皮にも悪影響を与えるということは前にお話しました。紫外線が最も強くなる初夏から夏の季節、顔や手足の露出した部分同様、頭皮や髪も紫外線から守ってあげなくてはなりません。
外出時には、帽子や日傘でUVカットしましょう。通気性の悪い帽子は蒸れて細菌が繁殖しやすくなるので、通気性のよい、つばの広めのものがよいですね。

乾燥対策

冬場の外出では、帽子をかぶって頭皮と髪を守りましょう。
室内のエアコンも乾燥する原因になります。加湿器などを使い、適切な湿度を保ちましょう。
頭皮の潤いを外から補うこともフケ予防の一つ。頭皮用のローションなどを使うこともおすすめします。

食事

男性に多い脂性フケタイプは、食事に気をつけることも大切です。脂質の高い食品や香辛料を多く摂ることで、頭皮の皮脂の分泌が促進されます。
こういった方は、ファーストフードやスナック菓子などは控えめに。
ビタミンB2、ビタミンB6を含む食品を摂るようにすると、脂質の代謝をサポートしてくれます。
脂性フケタイプの方のフケ予防の参考にしてください。

ビタミンB2を含む食品

・豚レバー、うなぎ、いくら、納豆、焼きたらこ、卵、まいたけなど

ビタミンB6を含む食品

・まぐろ、牛レバ―、鶏肉、酒粕、いわし(丸干し)など

日常生活を見直してみる

頭皮もからだの一部。からだにいい生活が頭皮にもいい生活になります。

  • 生活が乱れていませんか?夜更かしなどしないことが大切です。
  • 極端なダイエットはからだにも頭皮にもよくありません。
  • ストレスを上手く解消しましょう。
  • 好き嫌いなく、バランスのとれた食生活を送りましょう。
  • 適度な運動を心がけましょう。

日常のケアの注意点

フケ予防のための毎日の頭皮ケアで注意することとは?

  • ドライヤーの使い過ぎは、頭皮や髪を傷め、乾燥を招きます。フケ発生の原因に。
  • パーマ、カラーを頻繁にすることは、頭皮にもダメージを与えます。アフターケアをきっちりしてくれるプロにお任せするのもよいかもしれません。
  • 強めにブラッシングすると、かゆみがとれて気持ちいい、と感じたりしますね。でも、頭皮を傷つけやすいので、あまり強くブラッシングすすることはおすすめできません。目の粗いもの、豚毛のブラシなどの柔らかいもので刺激を与えすぎずにブラッシングすると、頭皮の血行促進のためにも効果的です。

頭皮を健康に保って、フケ予防していきましょう。

おすすめ商品クリアハーブミストの紹介

2016-07-28_150901
特に女性の場合、30代から女性ホルモンの分泌が低下して、からだのさまざまな不調を感じるようになりますが、頭皮のトラブルの悩みも多く聞かれるようになります。フケ、臭い、かゆみなどにお悩みの方に、頭皮ケア専用美容液「クリアハーブミスト」をご紹介します。
>クリアハーブミスト公式サイトはこちら

クリアハーブミストの厳選成分

頭皮トラブルの予防には、なんといっても皮脂を抑えて、健康な頭皮を取り戻すことが第一です!
「クリアハーブミスト」は皮脂をコントロールして、フケ、臭い、かゆみなどの症状を改善していきます。

3つのこだわり植物由来成分

  • ローズマリーエキス
  • 長野県伊那郡産のローズマリーエキス。皮脂のバランスを整えてくれるので、雑菌の繁殖が抑えられ、臭いの元をカットしてくれます。
    2016-07-28_145850

  • 白ビワ
  • 静岡県伊豆市土居産の貴重な白びわ。女性にとって嬉しい効果がたくさん。頭皮の内側のコラーゲンを支えてくれ、頭皮の働きをサポートします。敏感肌、脂性肌、どちらの方も安心してお使いいただけます。
    2016-07-28_145922

  • 5つの美容成分
  • イキイキとした頭皮を実現するための5つの植物エキスコケモモ・サトウキビ・カエデ・オレンジ・レモンが頭皮を整えてくれます。

2016-07-28_145949

そのほか厳選成分

  • サクラ葉エキス
  • 炎症を抑えて、かゆみや赤みを防ぎます。

  • オウバクエキス
  • 古くから肌を清潔に保つために使われてきた和漢植物エキスで、フケを抑えてくれます。

  • クロレラエキス
  • 保湿効果、細胞の働きを活性化させる効果があり、乾燥からお肌を守り、加齢によりお肌のトラブルを防いでくれます。

皮脂コントロール3ステップ

「クリアハーブミスト」は3段階で頭皮環境を整えていきます。

ステップ1

厳選成分が乱れた地肌を整え、頭皮を清浄な状態へ導きます。

ステップ2

天然保湿成分が頭皮をうるおし、臭いの元になる皮脂の分泌を抑えてくれます。

ステップ3

白ビワエキス、ローズマリーエキスが、頭皮の新陳代謝の働きを促します。

2016-07-28_150545
>クリアハーブミスト公式サイトはこちら

信頼の品質

GMPに基づいた国内工場製造

厳しい製造規範GMPに基づき、徹底した品質管理を行っています。最新鋭設備の国内工場で製造されているので、安心・安全です。

製薬会社と共同開発

徹底した研究と試作を繰り返すことで、実感できる商品を開発することに成功しました。

敏感肌の方にも

皮脂コントロールいうと、お肌の弱い方、荒れやすい方ちょっと心配ですね。
でも、ご安心ください。無添加・低刺激で敏感肌の方にもご使用いただけます。
2016-07-28_150429

お得な定期コース

  • 60日間返金保証
  • 初回価格 50%OFF 8,280円が3,980円に
  • 2回目以降3,000円引き 5,280円
  • プラチナ会員制度 4回目からさらに10%OFF
  • 送料・代引き手数料無料
  •  など

2016-07-26_111025

まとめ

悩んでいた頭皮のトラブル、シャンプーのやり方はもちろんのことですが、そのほかにも日常生活のうえで注意すること、いろいろありましたね。
また、ご紹介した美容液「クリアハーブミスト」で、フケ、臭いなどお悩みの症状を予防できそうです。
これからは、人目を気にすることなく、美しい髪とそれを育てる大切な頭皮に自信を持っていきましょう。

関連記事

唇が乾燥で皮がめくれたりして口紅のノリが悪い…という悩みを抱えていたり、笑ったら乾燥していた唇が切れて痛い!なんて経験をしたことはありませんか?冬などの季節によるも...

口コミで人気で、売上をとても伸ばしている話題の洗い流さないトリートメント「リシリッチ利尻ヘアクリーム」。 ノンシリコン・無添加なのに髪にしっとり艶が出てさ...

皆さんは、眠るときはどんな姿勢で眠っていますか?私は、最初は仰向けなのですが、すぐには眠れなくて、何度も寝返りを打っているうちに、横向きになってしまいます。この...

高齢化社会となった現在、65歳以上の高齢者のうち推定15%が認知症を発症しており、65歳以上の4人に1人が認知症とその予備軍だといわれています。自分が認知症...

ふと気が付くと爪が割れていたり欠けてしまった経験はありませんか? 爪は皮膚と同様に、栄養不足など様々な原因で割れたり曲がったり、弱い爪になってしまうことが...

近年ではハラスメントと言う言葉を良く聞くようになりましたよね。 例えばパワーハラスメント、セクシャルハラスメント、カラオケハラスメント、アカデミック・ハラスメント...

なかなか治らない大人のニキビ。 でもなにこれ!明らかに薄くなっている!! しつこい大人ニキビをここまでキレイにした正体は一体何なのでしょうか? 目次 ...

鼻炎や花粉症は年々増えているというお話を聞きます。 鼻水や鼻詰まり、くしゃみや目のかゆみ・充血等、 一年中これらの症状に悩まされている方も多いのではないでしょう...

しっかり眠ったはずなのに体がだるい。朝、通勤しただけで疲れちゃう。こんな経験ありませんか? 私も年齢を重ねるにつれ年々、疲れが取れなくなっていっているような気がし...

ココ最近の気温、青空…なんだか夏の匂いがしませんか!? あと2ヶ月で7月だなんて!夏はもうすぐそこです。 女子なら夏までに絶対済ませておきたいの...

NEW ENTRY

朝の活動には人生を豊かにする効果が?女子におすすめの方法3選

仕事、家事、育児。 忙しい毎日を送るオトナ女子の皆さんは、自分の時間をどの...

簡単に腹筋が割れちゃう?30秒でできるテレビで話題の鍛え方も

20代のときは食事制限だけで痩せられたのに、年齢を重ねた今は体重が落ちにくく...

ガレート型カテキンの効果と副作用とは?サプリや伊藤園のおすすめ商品4選!

カテキンと言えば、お茶に含まれる成分である事は有名ですね。 このカテキン、実は...

タバコのタールによる影響は肺だけ?ニコチンも人体には害となる?

タバコの値段はどんどん上がっているものの、なかなか禁煙できない人は多いですよね。...

テアニンの睡眠効果のメカニズムは?質が良くなる?副作用ある?

忙しい現代人は、睡眠不足が慢性化してしまっている人も多いのではないでしょうか。 ...

ページTOPへ