LIFEジャック

老眼に効くサプリはどんなサプリ?老眼予防・回復できる成分とは

[記事公開日]2016/07/20 
■カテゴリー:健康
■タグ:,

最近、近くのものがぼやけて見える、ピントが合わない、光が眩しく感じる、といったことありませんか。
こういった症状、実は目の老化が関係していて、40代ですでに老化が始まるのだそうです。
さらに若い人のあいだでも「スマホ老眼」などと言われるものが現れてきているそうです。
老眼の症状の改善方法、予防方法、おすすめのサプリなどをご紹介します。

目次

  1. 老眼の症状について
  2. 老眼に効く成分はどんな成分?
  3. おすすめ老眼サプリめなりの紹介
  4. サプリ以外の老眼の予防法

老眼の症状について

老眼の症状はさまざまで、また人によって程度の差もあります。
本虫眼鏡メガネ

老眼の症状は?

  • 遠くのものから近くのものを見る、あるいは近くのものから遠くのものを見る時、ピントを合わせるのに時間がかかる
  • 遠くはよく見えるのに近くの細かい字などが見づらい
  • 近くのものを見る時、少し離すと見えやすくなる
  • 薄暗いところでは見えにくくなる
  • 目の疲れ、目のかすみ
  • 頭痛や肩こり

老眼の症状は40代から現れてきます。50代になるとほとんどと言っても過言ではないほど多くの人が、何らかの症状を自覚しています。

老眼の原因は?

加齢によるもの

目にはカメラでいうとレンズに当たる「水晶体」というものがあります。
目の「毛様体」という組織が「水晶体」を引っ張ったり緩めたりして、「水晶体」の厚みを調節しています。
近くを見るときは「水晶体」が厚くなり、遠くを見るときは「水晶体」薄くなるように調節が行われてピントが合うようになっています。
若い時には調節がうまくいっているので問題なくものを見ることができますが、年をとってくると「毛様体筋」が衰えてこの調節がうまくいかなくなり、ピントが合いづらくなってきます。

目の酷使によるもの

パソコン、スマホ、テレビ、読書などなにかと目を使うことが多い今の時代。
目の使いすぎで水晶体の厚さを調節する機能が衰えてしまい、老眼の症状が現れます。

若い世代にも起こる「スマホ老眼」

最近では20代、30代の若年層のあいだでも、特に「スマホ」の使いすぎで老眼の症状を訴える人が増えています。
これも目を酷使することで機能が低下することが原因といえます。

老眼に効く成分はどんな成分?

日常生活では、毎日の食事から目のために効果的な成分を摂ることが一番身近な方法です。
目の老化予防、また老化が始まった目のためによい成分、栄養素をみていきます。
食事2

アントシアニン

ポリフェノールの一つで、体を酸化や老化から守ってくれる抗酸化作用に優れた成分です。
紫外線を浴びたり、ストレスにさらされると活性酸素が発生しますが、アントシアニンは活性酸素を取り除く働きがあります。
アントシアニンは青紫色の色素で、「黒い色の食べ物」に多く含まれています。

ブルーベリー

黒豆

ブドウ

カシス

なすなど

目の老化予防のため、黒い食べ物を毎日の生活の中で摂るように心がけましょう。

アスタキサンチン

美容の面でアンチエイジング効果が高いといわれているアスタキサンチン。
目の毛様体筋を柔軟に保ち、ピント調節機能を高める効果があります。
強い抗酸化力で、目だけではなく体のあらゆる面での老化予防になります。
アスタキサンチンは魚介類やトマトのリコピンなどに含まれる赤い色素のカロテノイドの一種です。

紅鮭

エビ

カニ

いくら

ルテイン

活性酸素を発生させるものに紫外線、そしてパソコンやスマホから出る青色の光(ブルーライト)があります。
ルテインはこれらの有害な光から目を守ってくれる大切な成分です。
ルテインはカロテノイドの一種で緑黄色野菜などに多く含まれています。

ほうれん草

モロヘイヤ

ブロッコリー

春菊

マリーゴールドなどの黄色の花弁

亜鉛

ミネラルのなかで亜鉛は抗酸化酵素の材料となり、細胞を老化させる活性酸素を除去してくれる働きがあり、アンチエイジングによいとされています。
また、網膜や粘膜を正常な状態にもっていき、免疫力の向上にも役立ちます。体を老化や病気から守ってくれる重要な栄養素といえます。
亜鉛は魚介類に多く、その他にも肉類や海草類にも含まれています。

牡蠣

うなぎ

牛肉

豚レバー

海苔

ビタミン群

ビタミンA

活性酸素を取り除いてくれます。ドライアイなどの予防や改善にも有効です。
鶏レバー・豚レバー・にんじん・ほうれん草・春菊・モロヘイヤなどに含まれます。

ビタミンB群

体のあらゆるところで活躍してくれる優れたビタミンです。

  • ビタミンB1
  • 皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きがあります。
    豚ヒレ肉・ハム・マグロ・大根ぬか漬けなどに含まれます。

  • ビタミンB2
  • ビタミンEの抗酸化作用を助ける働きがあり、目の健康を保ってくれます。ビタミンB6など他のビタミンの活性化の手助けもしてくれます。
    納豆・マイタケ・豚レバー・うなぎ・いくらなどに含まれます。

  • ビタミンB6
  • 食品中のタンパク質からエネルギーを作り出すときに働いています。皮膚や粘膜を健康に保つのに効果があります。 
    まぐろ・牛レバー・鶏ささみ・酒粕などに含まれます。

    ビタミンC

    強い抗酸化力があり、老化防止、ストレス軽減、免疫力UPに効果があります。
    ブロッコリー・パプリカ・ピーマン・キウイフルーツ・いちご・レモンなどに含まれます。

    ビタミンE

    「老化防止ビタミン」とも呼ばれ、アンチエイジングの強い味方。
    優れた抗酸化作用で活性酸素を取り除いてくれます。
    アーモンド・ピーナッツ・うなぎ・モロヘイヤ・かぼちゃ・たらこなどに含まれます。

おすすめ老眼サプリめなりの紹介

目に良い成分をさまざまご紹介してきましたが、これらの成分をバランスよく含み、効率よく摂取できるサプリ「めなり」をご紹介します。
2016-07-14_152026
>めなり公式サイトはこちら

めなり3つの厳選成分

アントシアニン

アントシアニン
眼精疲労や老眼予防に大きな効果を発揮する「アントシアニン」
ブルーベリーに含まれる青色の成分で、紫外線を吸収して体内への侵入を防いでくれます。
「めなり」は北欧産のビルベリーを使用。さらにアメリカで特許取得したものです。
通常のブルーベリー、また通常のビルベリーと比較してみるとこんなに優れているのです。

  • 一般の5倍量
  • 特許取得ビルベリーは通常のブルーベリーと比べて、5倍のアントシアニンが含まれています。

  • 吸収率が2倍
  • 通常のビルベリーに比べて、2倍に吸収性がアップしました。

  • 持続力が2.5倍
  • 特許製法により通常のビルベリーエキスに比べて、2.5倍と時間が経っても効果を発揮します。

ルテイン・ゼアキサンチン

ルテイン
緑黄色野菜に多く含まれている「ルテイン・ゼアキサンチン」は紫外線などのダメージから目を守ってくれる大切な成分です。
紫外線をブロック、パソコンやスマホなどから出る青色の光をブロックしてくれて、活性酸素の害から目を守ってくれます。
でも、ルテインは40代から一気に減少してしまいます。

  • 「めなり」はルテインを12mg・ゼアキサンチンを2.4mg配合
    しかもこの比率は効果的な比率と研究結果でも実証されています。
  • 「めなり」に含まれている「ルテイン」と「特許ビルベリー」は同時に摂ると、ルテインの吸収率を179%もアップさせます。

サポート成分

support成分

さらに「めなり」には相乗効果を高めてくれるサポート成分がたっぷり含まれています。

  • アスタキサンチン
  • ビタミンEの1000倍のパワーを持っている「アスタキサンチン」ですが、老眼を遅らせてくれる効果はもちろんのこと、美容にもよいアンチエイジング成分です。

  • クロセチン
  • 天然のカロテノイドで分子が小さいので吸収が速く、他の成分の効果を最大限に引き出す注目成分です。

  • 補酵素・ビタミン・ミネラル
  • 加齢性眼疾患研究(AREDS)に基づいた9種類の成分を配合。
    亜鉛酵母・銅酵母・ビタミンB群・βカロテン・ビタミンC・ビタミンE

2016-07-14_152134

品質管理・安全管理

「めなり」に使用されている原料はすべて国内製造。選りすぐりの原料をGMP取得工場で配合し、カプセル詰めされ、出荷されています。
GMPとは、工場における製造管理、品質管理の基準のことです。製品の品質や安全が保たれるように基準が定められています。
このような管理のもとで「めなり」はできあがるのです。

低価格を実現!

1日たったの33円~(初回価格の場合)を実現しました。
インターネットだからできたこの品質で、この価格!
>めなり公式サイトはこちら

サプリ以外の老眼の予防方法

サングラス帽子

紫外線をカット

サングラス

紫外線が目に与えるダメージはとても大きいとお話しましたが、UVカットのサングラスで紫外線を防ぎましょう。
目の瞳孔は暗くなるほど開くので、濃い色のサングラスは隙間などから目に入る紫外線量が多くなってしまいます。色の濃いものよりも色の薄いものがおすすめです。
また、紫外線量の多い夏はもちろんのことですが、冬でも紫外線は意外と降り注いでいます。ですから、冬でもできればサングラスをかけていたほうがよいですね。

帽子・日傘

サングラスと併用して、帽子や日傘で顔にあたる紫外線を防ぐとさらに効果があります。

ブルーライトをカット

パソコンを見るときは画面より目線を下にして(伏せ目がちで画面を見る)、目に入るブルーライトを防ぐ工夫をしましょう。
長時間使用するときは適当な間隔で休息を入れて、目を休めることが大切です。
スマホを長時間使うことは、自分自身で気をつけるのがよいですね。

目の血行促進

温めたタオルを目の上にのせるなどすると、目の血流が良くなります。
また、目の周りの骨にそって指圧するのも血行促進になります。。

ストレスをためない

からだ全体によいことは、目にとってもよいことです。
よい睡眠をとり、日頃のストレスをできるだけためないように心がけましょう。

目のトレーニング

まばたき運動をしましょう

目をギュッと閉じたらパッと開いて2秒以上開いた状態をキープする。
1日3セット程行なう。
目の周りの血行促進になります。

目をぐるぐる回しましょう

眼球を上下左右8ヶ所順番にぐるっ、ぐるっと動かす運動。
1日3セット程行なう。
目の血液循環をよくする効果と、普段は焦点を合わせない場所にも焦点を合わせることでまんべんなく目を使うことができるトレーニングです。

遠くを、近くを交互に見ましょう

腕を伸ばし親指を立てて親指を1秒じっと見る、次に視線を遠くのものに移して1秒じっと見る、これを30回繰り返す。
毛様体筋のストレッチで、柔軟にしてくれます。

まとめ

老化とあきらめかけていた眼の症状も、食事、トレーニングなど日常の心がけで予防できたり、改善も可能なのですね。
さらにサプリを使って補えば、効果もグンと上がります。
ぜひ、あなたもクリアな世界を実感してみてください。

関連記事

腸の中には善玉菌と悪玉菌と呼ばれる菌が住んでいます。どちらも必要な菌ではありますが、悪玉菌が増えすぎると便秘になったりお腹が張ったりと腸のトラブルが起こるので、善玉...

最近運動不足で何か運動したい。 そんな時に気軽に始められる運動って… そう「ランニング」ではないでしょうか?! 今回はランニングの効果や注意点についてお話して...

早い人だと、まもなくとなる2月中旬頃から始まる恐怖の花粉症の季節。 筆者も例外ではなく酷い花粉症で、一歩外へ出ようものなら鼻が沸騰してしまいそうな勢いです。 そ...

梅雨もはじまり、今年も暑い夏が近付いてきています。 冷房は快適だけどクーラーが効き過ぎて冷えている感じがする、なんてことはありませんか? 実は暑い季節には逆に体...

パソコンやスマホの見過ぎで疲れやすい、そんな人はいませんか?現代人は画面を見る時間が長く、以前よりも疲れを訴える人が増えています。日頃からいたわってあげることが大切...

すっぽんのサプリは凄い、とはよく耳にしますが、どんな効果があるかご存知ですか? 昔から滋養食とされてきたすっぽんなので、元気ハツラツになれるのだろうとは想像がつき...

目次 鉄分サプリ美めぐり習慣の人気の理由は成分にあり 美めぐり習慣の口コミ・評判は@コスメに投稿されていない! 美めぐり習慣の口...

ダイエット遺伝子検査で、あなたが太ってしまう理由、さらに効率よく痩せられるダイエット法を知ることができるのをご存知ですか? 今回はダイエット遺伝子検査の中でも...

なんとなくやる気が出ない、イライラする、気持ちが落ち込む、寝付きが悪い、眠れないなど、さまざまな症状が出てくる更年期。 以前は「怠け病」などと言われたりもしました...

最近何かと話題になる機会が多い、噂の「水素」。 水素水は良く効きますが、水素の入浴剤って知っていますか? 水素の良さをたっぷりと詰め込んだ商品が、入浴剤「水素の...

NEW ENTRY

美容液の保湿効果は?美白もできる?20代も必要?おすすめ保湿成分

女性は、多くのスキンケア品を使い分けています。 その中でも高価なものが多い、美...

足の角質除去のおすすめは酢?パックやクリームに効果はあるの?

夏場に比べると、足の露出が極端に減ってくるこれからの季節。 しかし冬だからって...

プラズマローゲンサプリの認知症改善効果は嘘?本当?成分は食品に含まれる?

久しぶりの実家。いつも明るく私たちを迎えてくれるはずの母の様子がなんだかおか...

ビタミンミネラルサプリ比較おすすめ8選!飲むタイミングは?無添加は?

最近なんだか体の調子が優れない…そんな時こそ、サプリを検討する人が多いですよね。...

クリスマスのケーキはいつから予約?2017年おすすめケーキは

気付けばクリスマスまであと2か月。今年もあとわずか…なんて思いに浸るのはまだ...

ページTOPへ