LIFEジャック

足のむくみ取り方法は?靴下・サプリ・家電グッズ…どれが良い?

[記事公開日]2016/06/07 
■カテゴリー:美容, 健康, ダイエット
■タグ:,

ashi_1
朝はすんなり入ったはずのパンプスやブーツが夕方になるときつくなる。それどころか正座をしたり屈んだりなどの足を曲げる姿勢がキツイ、スパッツや靴下を脱ぐと縫い目や布地の後がくっきりつく。こんな足のむくみに悩んでいる女性は少なくありません。

ただのむくみだと思って放置しておくと、どんどん足が太くなることもあるのです。そこで今回は、足のむくみの原因やむくみの予防法、足のむくみ取りの方法やグッズを紹介いたします。

目次

  1. 夕方になると辛い足のむくみの原因3つ
  2. 足のむくみを予防する2つの方法
  3. 足のむくみ取りの方法やグッズ4つ
  4. 足のむくみ取りサプリなら「するるのおめぐ実」!

夕方になると辛い足のむくみの原因3つ

一日中仕事をした後は、履いてきた靴が入らない、入るけど窮屈でしょうがないということはありませんか?足全体がダル重くなっていたり、見た目でも明らかに太くなっていることもあります。

むくみとは、細胞外に血管から漏れ出した血漿成分が溜まってしまった状態のことです。ではなぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?3つの原因を確認しておきましょう。

生活スタイルも足のむくみの原因になる!

ashi_2

休日は足のむくみが気にならないのに、就業後には足のむくみが気になるという方も多いでしょう。実は生活スタイルが足のむくみの原因となることもあるのです。

立ち仕事の方は1日8時間くらい立続けていますよね?職業によってはパンプスが義務付けられていることもあり、ヒールの低い靴よりも一層足が疲れてしまいます。

また、デスクワークで座りっぱなしというもの足のむくみの原因となってしまいます。

むくみの原因のひとつにリンパの流れが滞ることがあります。血液は心臓がポンプとなって流れているのですが、リンパには心臓のようなポンプがありません。その働きは筋肉が担っているのです。

長時間同じ体勢をとり続けることで筋肉が動かない為、足に水分が溜まってしまうのです。

運動不足も足のむくみの原因に!

運動不足だと筋肉が衰えてしまいます。前述の通り、リンパの流れを促すポンプの働きをするが筋肉なので、その筋肉が衰えるとリンパの流れが滞って下半身に水分が溜まり足がむくんでしまいます。

また運動不足だと血流が悪くなりますが、そうなると下肢から心臓まで血液が戻りにくくなり、血管から血漿成分が漏れ出してむくみの原因となります。

足のむくみの原因は冷えかもしれません!

ashi_3

冷えは万病の元といいますが、足のむくみにも関連しています。先ほど血流とむくみの関連を紹介しましたが、冷えがあると血流が悪くなり末梢まで上手に血液を届けることができません。

また冷えは筋肉を固くしてしまいます。筋肉はリンパのポンプとなっているので、このことからもむくみが生じてしまうのです。

この他にも食生活の偏りで塩分の取り過ぎや、ストレスなどもむくみも原因となります。

足のむくみを予防する2つの方法

足のむくみは本当に辛いものですよね。夕方が近づくとどんどん足が重たくなってきて、それに比例するように気持ちまで重たくなってしまいます。ではむくみを未然に防ぐ方法はないのでしょうか?こちらで確認しておきましょう。

こまめに足を動かす

ashi_4

立ち仕事の方は隙を見つけて背伸びをしたり、少し歩いたりと足の筋肉を動かす努力をしてみましょう。

デスクワークの方も、座ったままで足首の曲げ伸ばしをするとふくらはぎの筋肉を刺激することができます。机の下でこっそりできることなので、是非チャレンジしてみてください。

さらに休日にはいつもより多く歩いたり軽い運動をするなど、筋肉が衰えないように体を動かしましょう。

足を冷やさないように注意する

ashi_5

寒い季節でも生足の女性がいますが、これではむくんでくださいと言っているようなものです。ファッション的には生足の方がいいかもしれませんが、せめてナチュラルストッキングを履く、できれば暖かいタイツを履くなどを心がけましょう。また、夏だからと言ってホットパンツに生足も、足を冷やしてむくむ原因となります。

内臓を冷やさないことも大切です。冷たい飲み物ばかり飲まず、白湯を飲んだり腹巻を活用してもいいですね。最近では表に響かない薄手のタイプの可愛い腹巻も販売されているので上手に活用しましょう。

足のむくみ取りの方法やグッズ4つ

すでにむくんでしまった足を予防だけで改善するのは難しいかもしれません。そこで、足のむくみ取りの方法を紹介します。最近は足のむくみに悩む女性も多く、様々な足のむくみ取りグッズも発売されているのでチェックしておきたいですね。

足をセルフマッサージする

ashi_6
お風呂上がりなどの体が温まっている時に、足をセルフマッサージすることも足のむくみ取りの方法の一つです。マッサージというと難しく感じるかもしれませんが、基本的なルールさえ覚えておけば難しいものではありません。

ルールはマッサージする際に摩擦が起こらないようにクリームやオイルを使用することと、末端から心臓に向かってなでさするという2点だけです。

使用するオイルやクリームは、足のむくみ取り用の物だとより効果が実感できるでしょう。なければ滑りが良くなる油性のものなら何でもOKです。

足のつま先から手のひらでなでさするように、ひざの方向に向かってさすり上げましょう。このとき力を入れる必要はありません。リンパは皮膚表面近くにあるので、軽くなでさする程度で大丈夫です。また、素早くというよりもゆっくりなでるようにしましょう。

足のむくみ取りは機械にお任せ?家電グッズ

仕事が終わった後はクタクタで、自力で何かをする気になれないという方は機械にお任せするのがおすすめです。近年は足のむくみ取りを手助けしてくれる家電も沢山発売されています。

例えばフットマッサージャー。こちらを使えば足に機械をセットするだけで心地よくマッサージして血流やリンパの流れを促進してくれます。同様のマッサージ効果が得られるものとして、エアーマッサージャーもあります。こちらはローラーなどでマッサージするのではなく、空気の圧で足を程よくマッサージしてくれます。

また冷えとむくみどちらにも効果があるのがフットバスです。お湯を使うタイプなら振動でマッサージ効果があるものやお湯を適温でキープしてくれるものもありますし、お湯を使わず蒸気で温めるタイプもあります。

これらの足のむくみ取り家電グッズを利用して機械の力を借りれば、疲れていても手軽に足のむくみ取りができますね。

足のむくみ取りグッズの靴下を活用する

ashi_7

足にかかる圧力を調整し、履くだけで足のむくみ取りをしてくれるソックスも発売されています。これなら忙しい方でも簡単に生活に取り入れることができますね。

種類も豊富で眠っている間に履くタイプや、日中仕事中に履けるストッキングタイプやレギンスタイプ、自宅でのくつろぎタイムに履ける靴下タイプなど様々です。ご自分のスタイルに合わせて選んでください。

足のむくみ取りに効果的なサプリメントの活用

一番手軽で時間がかからないのが、足のむくみ取りに効果的なサプリメントを活用する方法です。これなら1分とかからないので忙しい方や、家に帰ったらもう何もしたくない!一歩も歩きたくない!というお疲れ気味の方でも簡単に取り入れることができます。

体の内側から足のむくみ取りができる方法というのも嬉しい点ですね。

足のむくみ取りサプリなら「するるのおめぐ実」!

色んな足のむくみ取りの方法の中で、一番手軽で簡単に続けられそうなのはサプリメントを活用することかもしれません。でも、毎日飲むものだから体にいいものじゃないと安心できない、体によくて効果があっても高すぎると続けられない。かといって安くても効果がなければ意味がないですよね。

そこで安心して飲むことができて口コミでの効果も抜群、コスパも良いという足のむくみ取りサプリを紹介します!

するるのおめぐ実は植物由来の最強レシピでできたサプリ

ashi_8
サプリを摂取するときに一番気になるのは成分だと思います。毎日飲むものだから、天然由来で安全なものでなければ安心して飲み続けることができません。

するるのおめぐ実は植物由来の天然素材でできています。その植物選びにはこだわりがあり、厳選された原材料のみでつくられているんですよ。

赤ブドウ葉

健康効果が高いと評判のポリフェノールがたっぷり含まれた赤ブドウ葉も原料のひとつです。ポリフェノールはサビないカラダ作りに欠かせない成分、抗酸化作用が高いことでも注目を集めています。

八丈島産明日葉

明日葉には20種類以上ものビタミンやミネラルが含まれています。更に食物繊維やベータカロチン、鉄分も豊富で様々な健康食品にも配合されています。明日葉の茎にはポリフェノールの中でも貴重なカルコンという成分が含まれており、老廃物を流し去りすっきりさせる効果があるそうですよ。

とうもろこしのヒゲ

近年では美容に欠かせない成分として注目を集めているとうもろこしのヒゲ。こちらに含まれるカリウムは過剰に摂取した塩分や余分な老廃物を流し去ってくれ、むくみや高血圧に効果的だと言われています。

これらの3つの植物由来の原料に、すっきりと言えばの乳酸菌をプラスして作られたのがするるのおめぐ実なんです。天然由来の成分なので安心して口にすることができますね。
>>するるのおめぐ実の公式サイトはこちら!

1日100円以下の嬉しいコスパ!

ashi_9
良いサプリメントはどうしてもお値段が張るイメージがありますが、するるのおめぐ実は2回目以降の注文でも、1ヶ月分2,754円と1日100円以下の嬉しいコスパになっています。これなら家計の負担にならず続けることができますね。

1日100円弱であの辛い足のむくみから解放されて、ほっそり美脚を手に入れられるのならお安いくらいかもしれません!
>>するるのおめぐ実の公式サイトはこちら!

「するるのおめぐ実」愛用者の口コミは?

ashi_10

安全でコスパも良ければもう飲むしかありません!しかし、その効果のほどはいかがでしょうか?愛用者の方々の口コミもチェックしておきましょう。

  • 今まで何を試しても満足できませんでしたが、するるのおめぐ実を飲み始めて1ヶ月で驚くほど楽になりました!
  • 年齢と共にめぐりが悪くなりむくみが気になりだしました。夕方には恥ずかしいほどパンパンに!1週間飲み続けたら全く気にならなくなったうえ、きれいになったと褒められました。
  • 仕事柄同じ体勢でいることが多いのですが、夕方になるといつもパツパツ。毎朝2粒飲み始めると夕方もスッキリしたままです。肌の調子も良くなりました!

口コミに書かれていた内容を見ると、「今まで何をしても無理だったのに」、「諦めかけていたのに」などの喜びの声が多数みられます。もし、今まで何をしても足のむくみ取りに効果が出ず諦めていたのなら、最後にするるのおめぐ実を試してみませんか?
ashi_11

さいごに

ashi_12
数多くの女性が悩んでいる足のむくみ取りの方法を紹介しました。こちらで紹介した方法の中からご自分のスタイルに合ったものを実践いただき、1日も早く軽やかでほっそりした足を取り戻してくださいね!

今まで何をしても無理だったという方も、きっとあなたにぴったりの足のむくみ取りの方法が見つかるはずですよ!

関連記事

オールインワンゲルって使ってみると本当に便利ですよね。お風呂上りにオールインワンゲルたった1つで肌ケアが完了してしまうんですもの!初めて使ったときはあまりの便利...

美と健康のために生活に運動を取り入れたいと言う方が増えています。簡単な運動と言えばウォーキングですが、天候や季節、時間帯に左右され、結局長続きしなかったという方...

近年はナチュラルな成分のものを愛用する方が増えてきました。化粧品や日焼け止め、虫よけスプレーを自作する人も多いですね。その材料で活躍するのが、アロマテラピーで使...

高齢者だけでなく、若い世代でも発症する事のある「認知症」。 認知症は誰もが決して他人事ではない病気で、いつ発症してもおかしくないとも言えるんですよ。 そんな認知...

目次 インフルエンザの主な症状 インフルエンザ対策、何すれば良い? まとめ 冬はインフルエンザが流行する季節ですね...

顔痩せしたいと思っている方は多いのではないでしょうか。しかし、具体的にはどうしたらいいか分からない、とか、エステに通うことに効果があるのは知っているが、毎日は行けな...

みなさんはモリンガという植物のことを知っていますか?様々なスーパーフードが話題になっている中で、最近大注目なのがモリンガです。どんな素晴らしい効能があるのか、おすす...

鼻水、くしゃみ、目のかゆみなどに悩まされる花粉症は本当に辛くて嫌なものですよね。花粉症の発症にはさまざまな原因が関わっていますが、食べ物が花粉症に関係している場合が...

韓国の「オルチャン」が日本でも話題になっています。 お人形のようにかわいらしい彼女たちを見て、オルチャンメイクをやってみたい!と思っている方も多いでしょう。 ...

心筋梗塞、脳卒中、脳梗塞・・・どれも命を落としかねない怖い病気です。 そんな病気の原因の1つが、悪玉コレステロール(LDLコレステロール)。 まだ全...

NEW ENTRY

はちみつとプロポリスの効果と違いって?効能は喉だけじゃなかった!

はちみつと言えば、甘くて女性なら誰もが大好きな食べ物ですよね。似ている食べ物に、...

アロマボディオイルの作り方は?人気オーガニックオイル3選をご紹介

アロマボディオイルとは、アロマオイルの入ったボディケアオイルのことです。コスメブ...

オーガニックランチするなら!渋谷・原宿・表参道のおすすめ店7選

女性なら一度ははまってしまう魅力の多いオーガニック食品。爽やかで健康的なイメージ...

首イボの取り方6選!原因や治し方紹介!オイルやクリームなどおすすめは?

あなたは首にイボがある人を見たことがありますか? 首イボというと大きなもの...

美容にソイプロテインがおすすめ!摂取量や効果的な飲み方を解説

女性の美しさにはたんぱく質がとても大事! 「分かってはいるけど、たんぱく質...

ページTOPへ