LIFEジャック

【ライフジャック日常】肩こりがつらい方は見ないと損する!おすすめ解消法!!【健康】

[記事公開日]2014/10/07 [最終更新日]2017/02/23
■カテゴリー:健康
■タグ:, ,

デスクワークや家事などで肩こりがつらいと悩んでいる方が多いかと思います。
肩こりをそのまま放置しておくと、実は危険なんです!!
なぜ危険なのか?肩こりについて詳しくご紹介していきます。

目次

  1. 肩こりは病気のサインかも?
  2. 肩こりはなぜ起こるの?
  3. つらい肩こりの解消法
  4. まとめ


肩こりは病気のサインかも?

肩こりの原因は、疲労であることが多いです。
筋肉の緊張や血行障害だけではなく、関節などの原因も考えられます。
このように体が疲れている・肩がこるという事は、内科的な病気のサインにもつながってきます。

また、右肩と左肩のどちらが凝るかにも違いがあります。
右肩がこりやすい方は、実は秘密信号を発信しているんだとか。

肩こりは「万病の元」とも言われています。
なので、日々解消するようにして下さい。
12

肩こりはなぜ起こるの?

一般的なメカニズムとして、疲れがたまったり、同じ姿勢を続ける事で、筋肉の血行が悪くなったり、筋肉が硬くなりする事で末梢神経が圧迫されて傷ついてしまう事があります。
この末梢神経は、痛みやしびれを脳へ伝える神経なので、つらい痛みを感じてしまうようになります。

また、年齢を重ねていくと衝撃を和らいでくれる椎間板がだんだん硬くなってしてしまいます。
このことを頸部脊椎症と言い、これも肩こりや首の痛みの原因にもなります。

つらい肩こりの解消法

それでは、実際にどの様な解消法があるのでしょうか。
簡単に出来る方法をご紹介していきます。

姿勢を意識する

正しい姿勢を保つように心がけましょう。
例えば、デスクワークや猫背の様に頭の位置が前に出ている状態が続くと正常な姿勢の時と比べて大きな負担をかけてしまう事になります。
もし長時間、前かがみになる様な状態にならなければいけない場合は、時々肩を回したりストレッチしながら筋肉をほぐす事をおすすめします。

【肩が凝りやすい姿勢とは】
■あごがつき出ている
■肩に力が入ってしまっている
■首の後ろが縮んでしまっている

【正しい姿勢とは】
■座った時に深く腰掛ける
■キーボードを打つ時には、ワキを閉めてキーボードとマウスを体に近くに置いて操作する
■背筋を伸ばした姿勢を意識する事

また、自分の癖を見つける事もいいでしょう。
例えば、カバンを持つ時にいつも同じ肩にかける、足を組む時に片足だけ組む等気づかないうちに習慣的に行っていることはないでしょうか。
こういった事も見直しておく事が大切です。
11

気分転換が大切

運動やスポーツで気分転換しながら筋肉をつける事もおすすめします。
特に、水泳・テニス・ヨガなど全身を動かしていく運動・スポーツがおすすめです。
その他にも、ストレス解消する事も肩こり軽減にとても有効なので、お散歩や軽いジョギングもいいでしょう。

また、疲れている時は「お茶で一服」と言うようにお茶にも病気予防やリラックス効果にも最適です。
お茶については、お茶の効能には病気予防も?健康を考えてお茶を飲もう!
こちらに詳しくご紹介していますので、参考にして見て下さい。
13

肩をあたためる

肩を温めると、血行が良くなり筋肉がほぐれるので、つらい肩こりが解消されます。
特に、寒い時期や冷房の影響で冷える事により、血行が悪くなってしまう事もあります。
肩を温めるには下記の方法が良いでしょう。

■お湯につてけ硬く絞ったタオルをレンジで約1分温めます。
そのタオルを首のつけねや、肩の中央などに当てると良いでしょう。

■ドライヤーの温風を約30cm位離した状態で、肩こりの部分にあてると良いでしょう。

■シャワーの水圧を高めにし、少し熱めのお湯を約5~10分位かけて温める

■38~40度位のぬるま湯に長めにつかる

また、お風呂あがりにストレッチを行う事も血行を良くする事にもつながります。
下記の様な、簡単なストレッチで十分ですので是非やってみてください。

■首を、縦・横・回してほぐす

■あぐらをかいて座り、手を頭の上に持っていった状態で、そのまま体を前に倒す

良質な睡眠をとる

肩こりのひどい方は、「眠りが浅い」とよく言われています。
それは、どこかしらの体が緊張状態になっているからだそうです。
なので、ストレッチや昼間によく歩く事で解消されるでしょう。

また、枕も重要です!
できれば、柔らかい枕よりも硬い枕にする事で首をしっかり支えてくれるので肩こりに効果的となるでしょう。
寝る時の姿勢としては仰向けで寝るのが良いでしょう。

それでもなかなかねれない方は、ぐっすり眠れる方法はこちら
詳しくご紹介しています。是非、快適な睡眠をとっていきましょう。
3

まとめ

どうしても、デスクワークや同じ姿勢を長時間とってしまう方は、肩こりがつらくなってしまう事が多いですよね。
このように、意外と簡単な方法でつらい肩こりも解消されます!

是非一度ためしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

年齢を重ねると体が老化するのは仕方がないことです。しかし、少しでも老化を食い止めたい、若返りたい!というのは多くの人が思うことではないでしょうか?実は老化と若返りの...

日本に痛風・痛風予備軍の患者数が600万人以上いると言われているのをご存知でしょうか。 痛風は、脳卒中・心筋梗塞・腎障害・狭心症・尿路結石などの命にかかわる病...

意中の相手とデートのとき、ふっと気が付くと妙に手が湿っているなんてことはありませんか?そんなときに限って相手が手をつないでこようとしたりして、手汗を知られたくな...

「お腹が張るし気持ち悪い...」「食欲が湧かない...」 便秘で悩む方ならこの辛さは知っていますよね。 即効性のある便秘薬を使っても、身体が薬に慣れて効...

美容と健康に良いと話題の酵素ですが、そもそも酵素ってどんなものだかご存知ですか?酵素不足になると痩せにくい体になるばかりか、生活習慣病の原因にもなるといわれているの...

今、社会人になってからの大人の習い事が注目を集めています。職場と自宅の往復ばかりで新しい出会いがないと言う方や、趣味がないと言う方には特におすすめです。 そこ...

目次 むくみの原因は一体何? するるのおめぐ実とは?どんな効果があるの? 私管理人がするるに挑戦!頼んでみた 実際に飲んでみた!その後の結果...

高齢化社会となった現在、65歳以上の高齢者のうち推定15%が認知症を発症しており、65歳以上の4人に1人が認知症とその予備軍だといわれています。自分が認知症...

妊娠中に胎児の正常な発育を促すために葉酸の摂取が推奨されているのは有名ですよね。でも、葉酸の効果ってそれだけではないってご存知ですか?女性だけでなく男性にも子供にも...

便秘やアトピー、ニキビに効果があると言われているサプリ「乳酸菌革命」。 乳酸菌ってよく聞く成分だからこそ、本当にそんな効果があるのか、ちょっと疑問に思ってしまいま...

NEW ENTRY

下っ腹痩せる方法は?短期間で即効ダイエット出来る筋トレや姿勢紹介!

顔や上半身は太っていないのに年と共に下っ腹だけでてきた。 ダイエットをして...

アトピー入浴剤おすすめ5選!赤ちゃんも保湿出来る市販商品は?悪化しない方法

冬は乾燥により症状が悪化し、暑い季節は汗によってかゆみが出るなど、一年中悩ま...

はちみつとプロポリスの効果と違いって?効能は喉だけじゃなかった!

はちみつと言えば、甘くて女性なら誰もが大好きな食べ物ですよね。似ている食べ物に、...

アロマボディオイルの作り方は?人気オーガニックオイル3選をご紹介

アロマボディオイルとは、アロマオイルの入ったボディケアオイルのことです。コスメブ...

オーガニックランチするなら!渋谷・原宿・表参道のおすすめ店7選

女性なら一度ははまってしまう魅力の多いオーガニック食品。爽やかで健康的なイメージ...

ページTOPへ